« お掃除 | トップページ | 取り敢えず配線 »

2005/05/09

kNR方針変更か?

先輩でありライバルである作央線(はやぶさ氏所有)電化のニュースに、kNR関係者は少なからぬショックを受け、直ちに緊急会議が開かれた。
「こうなったら、kNRは徹底的に非電化でいく」「非電化複線の他に電化単線路線があると、どこかに書いていなかったか?」などと意見が交換されたが具体的な方策は得られなかった。これに対し、kNRオーナーは「ビネットはもういいから、本格的な固定レイアウトを作れ」と一喝。この鶴の一声に関係者一同色めき立ったのは言うまでもない。
VRM-N1
さっそく、具体的なレイアウト設計が開始され、ghost氏の「VRM→N」 にならいVRMを活用することになった。上の図はその一例であるが、試しに作ってみたものなので詳細は省略する。予算や時間に限りがあり実現できるのかどうかは全く不明だが、「VRMで設計しているだけで楽しい」との関係者の弁なので、今後なるべく詳しくレポートしたいと思う。もっとも、「VRMで作っただけで実現したものと満足」してしまう可能性もあるが(前科あり)。

|

« お掃除 | トップページ | 取り敢えず配線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/4047057

この記事へのトラックバック一覧です: kNR方針変更か?:

» Nゲージレイアウト製作におけるVRMの有用性は立証されるか [VRM侍]
啓明氏がVRMを設計に活用した固定式Nゲージレイアウト製作に着手される由、祝着至極也。 ヌルめの御仁は「ghostは何を喜んでいるのか?自分の専売特許だった分野が他人に犯されているのに?」と訝しく思うかも知れないが、それは謬見というもの。拙者が拙Web「VRM→N」で示して見せたのは、あくまでも「ghostにとってVRMはNゲージレイアウト製作支援ツールとして有用であった」というコトに過ぎない。ghostが個人的な特性として立体認知能力の欠如を認めている以上、然るべき能力をもった御仁にとっては、N... [続きを読む]

受信: 2005/05/09 21:49

« お掃除 | トップページ | 取り敢えず配線 »