« 着陸しました | トップページ | 森 »

2005/08/11

時の流れとともに

foxさんのページにVRM4スクリプトの追加命令が紹介されているが、ここでは「GetSystemTime」に注目したい。これは、ビューアー起動からの経過時間をゲットする命令だが、拙作『リアルタイム制御編』などで用いた自前で時計を作る方法を命令化したものに違いない。ちなみに、私の方法だとSetEventTimerと変数を用いて経過時間を計っていた訳だ。これが命令1つで実現できるとなると、便利だと感じる一方、職人としては腕の見せ所が減って面白くないところかも。ちなみに、『Module01』のセンサーなしで列車を制御するということも「GetSystemTime」を使えば簡単に実現できる。

こういう命令があるのなら、ついでに時間ではなく『現在時刻』をゲットする命令も欲しいところ。それがあると、擬似ではなく本当のランダム制御が可能になるから。って、ランダム関数を実装して頂ければそれに越したことないのだけど。

さらに言うと、「ある駅の1日」なんてレイアウトを作るうえで、光源(太陽)と天候を変更できるようになれば最高なのだが。つまり、朝~昼~夕方~夜とビューアー経過時間と共に変化させていきたい訳。

あと、踏切は命令語で直接制御できるみたいね。しかも、開閉に要する時間も変更できる。となると、線路にクロスするように踏切を設置して、その開閉に合せてうまく潜り抜けて行け、というゲームが製作可能かも。まあ、道路を自動車に見立てたカメラ列車を走らせて普通の踏切を潜り抜けて行くというムービーを作る人は居ると思うけど‥‥‥。

|

« 着陸しました | トップページ | 森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/5414485

この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れとともに:

« 着陸しました | トップページ | 森 »