« 走行性能 | トップページ | 飛んでいます »

2005/08/04

蒸機から電機まで

さて、なんでEH500が?という話にも繋がりますが、当レイアウトの方針として、あらゆる種類の列車に似合うようにすること、というのがあります。具体的に言うと、時代や地域を特定するようなストラクチャを置かないこということです。極端にいうと緑一色の草原だけでも構わないと思っています。まあ、この辺は雑誌や他のwebを参考に考えたことなんですが。さすがに緑一色ではつまらないので、花畑があったり、昔買ったファミレスをもったいないから置いたりしています。

なにしろ、kNRという鉄道会社を想定していますが、その所有車輌は雑多で統一性がないもんで、

Lay_DD51

こういう列車にも

Lay_SL

こういう列車にも似合う風景が必要だった訳です。しかし、さすがに架線柱もないのに、

Lay_EH

こういうのを走らすのは如何なものかと思いましたが、自分で自分を縛るより楽しみ優先でいこうということでEH500導入と相なりました。特定の場所を再現したレイアウトを作成するとか地域にこだわって車輌をコレクションするという楽しみ方もありますが、何しろ気が多い質なもので、こういうことになった次第です。

|

« 走行性能 | トップページ | 飛んでいます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/5303124

この記事へのトラックバック一覧です: 蒸機から電機まで:

« 走行性能 | トップページ | 飛んでいます »