« キハ40お気楽塗装(1) | トップページ | レイコン »

2005/10/25

キハ40お気楽塗装(2)

nDC40_SH

四国色】ベースはやはり白ですが、白+サンドイエローでクリーム色っぽくしてみました。水色はMr.カラーのライトブルーですが、混色して彩度が落ちるのが嫌だったので、そのまま使っています。実車は緑が少し入った微妙な水色ですな。下半の塗り分けはマスキング塗装ですが、窓上のラインは塗装したクリアデカールを細く切ったものです。

うちのレイアウトには青系統は似合わないと思うのですが、四国に旅行したオーナーが想い出のために気まぐれで塗り替えたという設定‥‥‥いや、実際その通りだし、おまけにT車なので情景用?

nDC48_BN

播但(豊岡)色】ワインレッドということなのですが、工具箱になぜか水性ホビーカラーのその名もワインレッドというのがありましたので、それを使用しました。少し不透明感を出す為に白(本当は灰色だけど無いし)を混ぜました。緑色もMr.カラーに薄松葉色というのがありましたので、これはそのまま使っていますが、ちょっと濃い目の色合いです。なお、ワインレッドは水性なので最後に塗ります。出来上がってみると‥‥‥なかなかいいじゃないか。うちのレイアウトに似合うというかなんというか、側面の松葉色が活きていますな。ちなみに、勢い余って、屋根上のベンチレーター撤去のあと、キハ75用のクーラーをしょっていたりします。

nDC48_TK

東海色】真っ白はやはり塗るのが難しいです。遠目には奇麗ですが実はムラだらけ。かなり以前の作品で技量が低いせいもあるかも。GMの白色3号ですが、スプレーの調子が悪くてボロボロ。側面が汚いのは汚し塗装のしすぎ。ラインは湘南色2種で、こちらはマスキングした上で手塗り。ラインがドアに掛かっていないなどが特徴ですが、実車の写真を参考に正確に再現してみました。また、この車輌に関しては、意識的にグレー台車を使っています。他の車両もそうですが、白・灰色・黒という無彩色はどんな景観にも合うという特徴があります。最近の車両が白が主流なのはそういう意味もあるのかも。

|

« キハ40お気楽塗装(1) | トップページ | レイコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/6554806

この記事へのトラックバック一覧です: キハ40お気楽塗装(2):

« キハ40お気楽塗装(1) | トップページ | レイコン »