« 真夏の邂逅~インターミッション | トップページ | 真夏の邂逅~四国車輌編 »

2006/08/19

321系東西線の言迷

321系なんですが、生意気にもダブルパンタで東海道山陽線内では片方下げているんですよね。但し、先頭車が「前パン」じゃないところが詰めが甘いですけど(;^^)

で、これがJR東西線に入ると両方上げるそうです。某氏と「なんでや?」という話をしていたんですが、地下路線で霜取りもないだろうから、どうやら離線防止のためのようです。JR東西線は剛体架線を採用していて、これはパンタへの追従が悪く車輌にパンタを2基装備すべし、とモノの本(注)にも書いてありましたから、たぶん正解でしょう。また、シングルアームを採用しなかったのも同じ理由からのようです。

ちなみにダブルパンタにする他の理由として、低圧(600V)直流の場合、パンタの数を増やして接触抵抗を減らすというのがあります。

Goutai.jpg

▲8/21写真追加:剛体架線ってのはこんなんです(大阪天満宮駅)

注:このblogの左下の方でも紹介している「鉄道施設がわかる本」

|

« 真夏の邂逅~インターミッション | トップページ | 真夏の邂逅~四国車輌編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/11501405

この記事へのトラックバック一覧です: 321系東西線の言迷:

« 真夏の邂逅~インターミッション | トップページ | 真夏の邂逅~四国車輌編 »