« レイコンについて、ちょっとだけ | トップページ | 最後の聖地~首都圏色 »

2006/09/10

最後の聖地~餘部の向こう側

キハ40の地方色を追い掛けて、キハ40ポストが出来ちゃったんですが、1つだけ欠けているものがありました―――肝心元祖の「首都圏色」です。18キップで日帰りできる範囲でこれが居る所は‥‥‥やはり山陰本線米子近辺でしょうか。米子までは山陰本線経由より、岡山に出て伯備線経由の方が早かったりするのですが、列車の本数が極端に少なく帰ってこれなくなるという‥‥‥。いろいろ調べて、また、結果的にそうだったのですが、浜坂以西に居ました。福知山・豊岡経由と餘部へ行くのと同じ経路ですが、途中寄っている時間はないので、餘部は素通りです。時間の許す限り西に向かえば、倉吉までは往復することができます。次にどこで撮るかですが、「お立ち台通信」によると、泊という駅の近くに撮影ポイントがあるらしい。しかし、駅から1km以上離れているようで、歩いて往復する時間がないので、適当な駅の近辺で撮影することにしました。

TT_DC47S0.jpg クリックで拡大

▲結局は、宝木駅で撮影(キハ47 3014 + キハ47 2006、後藤車)。キハ40ポストに掲載してある写真と同じだけど、こちらは例によってクリックでマスターグレードに拡大。自分で智頭^H^H地図を調べて、まあ、駅の近くでも少し歩けば開けたところがあるだろうと思って、宝木駅でうろうろしたんですが、線路際に道すらなく、結局駅撮りになってしまいました。ちょっと失敗しました、有名撮影ポイントは伊達じゃない、ってところか。

DC187

▲鳥取-倉吉間を狙ったのは、このキハ187が爆走している姿を撮りたかった為もあります。でも、駅通過だからというわけでもないでしょうが、完全に流しちゃっているような走行でした。これも、大カーブとか勾配区間とか、それなりの「ポイント」に行かないとダメですかねぇ。ちなみにこれは「スーパーまつかぜ」。でも、「まつかぜ」や「おき」と言っても何ら違いはないし。ヘッドマークもLED表示なんで情緒も何もないし。その肝心のLEDが残暑の日差しを思いっきり浴びて見えんです。これだからハイテクちゅうやつは。

HOT7k

▲もちろん、HOT7000も居ましたが、これもちんたらとした走りでした。キハ187と HOT7kの通過シーンはムービーに撮りましたが、イマイチなのでリクエストでもあれば公開します。

なお、キハポストトップページの写真は、浜坂駅に到着する 531D{キハ47 35 + キハ47 1025}で、浜坂-鳥取間乗車。ロールオーバーで切り替わる画像は、宝木駅に到着する 540D キハ47 4連で、宝木-鳥取間乗車。実は、これの2両目だけ播但色が混じっていました。

|

« レイコンについて、ちょっとだけ | トップページ | 最後の聖地~首都圏色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/11841976

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の聖地~餘部の向こう側:

« レイコンについて、ちょっとだけ | トップページ | 最後の聖地~首都圏色 »