« 最後の聖地~その他 | トップページ | 鉄道の日キップ »

2006/09/15

デジカメ蘊蓄

撮り鉄の優劣がデジカメの性能だけでないことを証明したいところですが、やはり、デジカメの性能が大きくモノを言うのです。そこで、たまにはこんな蘊蓄もいいかなと思って書いてみました。あくまで、私が使っているオリンパスC-700を基準にしていますし、また、技術の進歩は速いですから他の機種では異なるかも知れません。

camera01.jpg

光学系:デジカメといってもカメラには違いありませんので、光学系(レンズ)が最も重要です。下手なレンズでは、画像の隅の方に歪みや滲みが生じる場合も多いのです。CCD画素数がいくら多くてもレンズが粗悪では意味がありません。NIKKORやCarl Zeisなどの名の通ったレンズなら安心して使えます。デジカメ自身のメーカーに関らず、その上位機種はこれらのレンズを採用している場合が多いです。カタログに掲載されていなくてもレンズ自身を見ればブランド名が書いてありますので、お店で確認するといいでしょう。

重要なのはレンズの明るさです。これは一般に開放F値という名称でカタログに載っています。F値は小さいほど明るくなり、F2.8は必須です。暗いレンズでは床下機器などが黒く潰れてしまい、失われた情報は何をどうやっても補正不可能です。なお、ズーム付きの場合、望遠側では暗くなります。カタログには、F2.8~F3.5などと書かれており、大きい方が望遠側のF値です。この場合も、数値が小さいほどベターです。

CCD画素数:ということで、レンズ次第ですので100万画素でも1000万画素でもあまり気にすることはありません。なお、画素数が多いほど画像データの容量も増える=撮影枚数が減るので、多ければいいってものでもありません。

記録媒体:メモリーカードの類いです。これはメーカー独自性のオンパレードで、例えばSONYはメモリスティック、松下系ならSDカードなどと各社我が侭いい放題の共用性全くなしです。デジカメ本体にメモリが付属していても、その容量では絶対不足しますので、大容量のものを新たに購入することになります。既にこの手のカードを使っているなら使いまわしを考慮した方がいいでしょう。同じ理由で、買い替える場合も同じメディアを採用しているメーカーを選ぶことになるでしょう。なお、PCへのデータ転送は、デジカメとPCをUSBで直結する方法が主流ですので記録媒体による差異はありません。

うちのデジカメはスマメ(スマートメディア)なのですが、以前からモバイル関係で同メディアを使っていたのでオリンパス製にした、という都合もあるわけです。撮り鉄に行く時は、他で使っているスマメも総動員しますので、撮影枚数を気にすることなく撮りまくることが出来るのです。デジカメは何度でも取り直しが出来るのが特徴と言われていますが、現場では通用しません。撮った画像を確認するのにも電池を消費するからです(液晶画面は電池食いです)。撮影現場では、とにかく1枚でも多く撮りまくることが最優先です。

保存画像形式:一般的にはJPEGが採用されています。が、所詮圧縮形式なので細部や微妙な明暗が潰れてしまうことがあります。そこで、上位機種ではRAWを採用しています。プロの写真家御用達のRAW形式だと、床下機器の細部まで記録可能です。但し、この形式を扱える画像処理ソフトと色彩・光源に関する専門知識が必要になります。また、カメラのメーカーによって色調にクセがあるものがあります。私の使った限りでは、オリンパスは赤がトビがちですし、富士フィルムは緑がキツいです。これらのクセはPhotoshopなどのレタッチソフトで修正可能ではあります。

撮影モード:私の場合、絞り/シャッタースピードのみ自動で設定してくれるプログラムモードというのを大抵は使っています。編成写真・流し撮り・逆光時・夜景等などに対して、絞り/シャッタースピード優先モードやマニュアルモードが必要になってくる場合がありますが、この辺、書き出すとキリがないので省略。

他にも考慮すべき項目はいろいろありますが、取り敢えずはこの辺で。

|

« 最後の聖地~その他 | トップページ | 鉄道の日キップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/11899356

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ蘊蓄:

« 最後の聖地~その他 | トップページ | 鉄道の日キップ »