« 目線の高さ‥‥‥の恐怖(言迷) | トップページ | 鉄道の日 »

2006/10/12

以前、VRM4第4号の「踏切道路」について、こいつは単なる直方体と見れば色々応用が効く、と書いたのですが、厳密には直方体ではありませんでした。なぜなら「底」がないから。

SOKO01.jpg

この為、何かの室内を再現する場合、屋根(天井)として使おうと思っても無理でした。そういう場合は、素直に高架プレートを使った方がいいですね。こっちは、見上げることがあり得るのでちゃんと底にもテクスチャが貼ってあります。

SOKO02.jpg

同じ第4号の部品では、電話ボックスや郵便ポストには底はありませんが、木箱や小荷物には、生意気にも底が付いています。だからなんなんだって感じではありますが(;^^) ‥‥‥と、ここまで調べて面倒くさくなってしまいました(^^ゞ 興味のある方は、他の部品についても調べてみるのも一興かも。

|

« 目線の高さ‥‥‥の恐怖(言迷) | トップページ | 鉄道の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/12250117

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 目線の高さ‥‥‥の恐怖(言迷) | トップページ | 鉄道の日 »