« ウロボロスの蛇 | トップページ | 亡霊たちの真昼 »

2006/10/21

T644~実車写真研究

Talent用レイアウトですが、スクリプトについて書き出すとキリがなくなってくるので全部省略(;^^) 具体的に知りたい点があればコメントでもしてください。本線と駅との切り替えは簡単なロジックで支障なく動作しています。

T644_Lay.jpg

結局レイアウトプランは上図のようになりました。直線とS字カーブが意味ありげに組み合わさっていますが、それは追い追い説明します。周りにレールが散らばっているのは試行錯誤した跡ですね(;^^) で、どんな情景にするのか全然考えていないので(笑)、ちょっとググって、実車写真を眺めていました。ちなみに、"Talent"は愛称で形式名はBR644っていうのかな。VT644やClass644と書かれたサイトもありました。レイアウトのファイル名を「T644.vrx」にしちゃったので、このblogではそれを開発コードとしたいと思います。

実車写真を見る限りでは、パッと目には日本の情景と変らないものも多く、また、市販の写真集に出てくるような目が覚めるような緑の中を走ることもそうそうないようで、なかには冬枯れの風景などもあったくらいです。細かい点はいろいろあるのですが、一番の違いは信号機や駅の看板・標識などで、これの違いが文化の違いを最も感じさせるところかもしれません。が、これらは独特のもので、VRM4で再現するのは難しそうです。そこで、当レイアウトとしては情景はあくまで日本で、地形テクスチャを工夫して色合いなどをTalentに似合ったものにしようかなってところです。

Talentは3両固定編成なのですが、6両や9両で運行される場合も多いようで、なかなかの迫力です。さっそくVRMでも9連列ねて先のスクリプトの動作確認も兼ねて走り回らせていましたが、このクルマ、見ていて飽きないですねぇ。

T644_UC05.jpg

駅は中線を追加して低いホームとも相まって、それなりに広広とした雰囲気は出せたと思います。この状態でも充分遊べるし、何よりTalentが走っている姿を見ているだけで楽しいので、これで完成にしちゃおうかなドカバキグシャ(.。)☆\WAP!

|

« ウロボロスの蛇 | トップページ | 亡霊たちの真昼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/12358458

この記事へのトラックバック一覧です: T644~実車写真研究:

« ウロボロスの蛇 | トップページ | 亡霊たちの真昼 »