« T644~ガチャガチャ | トップページ | T644~下準備 »

2006/10/25

T644~フレキシブルレールの使い方

レイアウト作成の進行状況に記事が全然追いついていないので、まとめてドカっとアップします。レール配置の話に戻りますが、フレキの(私なりの)使い方を一応説明しておきます。

flex3.jpg flex2.jpg

▲フレキにはハンドルというものがあり、上図で水色のものがそれです。これの長さを変えることによって曲率を変更することができます。2A:ハンドルを短くすると接続部の曲率が上がり、中間部は直線的になります。2B:ハンドルを長くすると、接続部が直線的になり中間部でグイっと折れ曲がるようになります。

flex4.jpg

▲フレキで緩和曲線を作ってみましょう。3-1:直線レールS128とカーブR495を組合わせた元になる配線です。3-2a:これのS128とR495を1つずつ削除します。3-2b:おもむろにフレキシブルレールを用意します。この時、ハンドルについて、直線側が長めになるように予め弄くっておきます。3-3:「自動ハンドル」でエイヤっと接続します。

FLEX0.jpg

▲出来上がり:まあまあですな。

|

« T644~ガチャガチャ | トップページ | T644~下準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/12420630

この記事へのトラックバック一覧です: T644~フレキシブルレールの使い方:

« T644~ガチャガチャ | トップページ | T644~下準備 »