« ビネット考 | トップページ | T644~列車よ、とまれ »

2006/11/18

続・ビネット考

この前、本屋に行ったら、「ArmourModelling」という雑誌がビネット(ヴィネット)を採り上げていました。陸系ミリタリー造型ものの雑誌で、その分野にはジオラマ(ダイオラマ)ってものがあるんだけど、それに加えてビネットを採り上げています。ざっと読んだだけですが、やはり、ジオラマより簡単に作れることとストーリー性があることを言っていますね。ミリタリー物ですから、前線に居並ぶタンクなどを模型で再現したものがジオラマで、その中の1シーン、例えば補給シーンなどを切り出したものがビネットって感じかな。

ということで取り敢えず、情景の再現を主体にしたものを「ジオラマ」、ストーリーの一場面を描いたものを「ビネット」と呼ぶことにしましょう。私自身、この2つをごっちゃにしていた処があります。「マイクロ新大阪」は、ディディエフの「東京ステーション」に影響を受けたわけで、実在の徹底再現を主眼にしています‥‥‥これは「ジオラマ」ですね。拙作で一番ビネットらしいのは、VRM3の「STOP!」だったりするかなぁ。あと「春~告白」とか(VRM3マイクロレイアウトはこちら)。VRM4では「小荷物散乱」が辛うじてビネットっぽいですが、あとはジオラマかもです。もちろん、ビネットが良くてジオラマじゃダメってことはないですので、念為。

いずれにしても、「マイクロ新大阪」は恐竜的に進化しすぎたキライがありますので、本当の意味でのマイクロ:レール1本に車輌1両でストーリーのある物を作って実例を示すべきですが‥‥‥ネタがねぇよ~。去年の夏から撮り鉄した分は全部放電しちゃったしなぁ‥‥‥まあ、しばらくは充電ですだ。

|

« ビネット考 | トップページ | T644~列車よ、とまれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/12727234

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ビネット考:

« ビネット考 | トップページ | T644~列車よ、とまれ »