« T644~余白の水面 | トップページ | トラックプラン »

2006/12/13

T644~ザ・シリーズ小物

ドラクエの本編(IX)がどのゲーム機で出るかと思ったら DSだとはねぇ。世の中も変ったもんだ(;^^)

さて、T644の方ですが、今日は方法論です。これでレイアウトの概略はほぼ出来たので、小物類をぼちぼちと置いて行きましょう。ストラクチャを並べる手順というものは別にないのですが、建物などの大物に対して、小物は小物でまとめて配置した方が作業がやりやすいですし、全体のバランスをとるのにも都合がいいでしょう。

T644_komono0.jpg

▲私がいつもやる方法:図のように使えそうなモノをPARTSリストの上から順番に選んでいって、取り敢えずレイアウトの空いた場所に並べてみます。これをビュワーで確認して、このパーツはここに配置しようと決まったら、このパーツ集積所からコピーしていきます。メニューからいちいち選ぶより効率的ですね。小物類は何しろ小さいのでレイアウター上では見分けが付きにくく、また、その名前だけで実物を判断するのも難しいです。さらに、名前と姿が一致したとしても使いたいアイテムがPARTSメニューのどこにあるのか探すのに苦労します。例えば、ベンチとか椅子とか名前が付くモノだけでも何種類もあり、これがまた、対向式ホームやらバス停やらあちこちに居るわけです。バス停のベンチを「バス停」欄から選んだんだけど、実は「対向式ホーム」にもっとよさげなのがあった、というのはよくあることですね。

これは書くまでもないと思うんだけど、こういった小物類は建物や道路と別のレイヤーにしておきます。レイアウターで小物を弄くる場合、それ以外のレイヤーを書込み禁止にしておくと作業がスムーズにはこびます。

Dolls1.jpg I.MAGiC版

Dolls1.jpg TOMIX版

▲一方、ザ・人間の方ですが、やはり、名称だけでは御姿は分かりませんね。で、こういう画像を作ったわけです。これをVRMとは別のパソコンで表示させて、それを横目に選んでいくわけです。なお、こいつらはPARTSメニューの「人形」欄にまとまって居ますので、メニューを探しまわることはないです。上2枚はクリックで拡大しますのでご自由にどうぞ。

|

« T644~余白の水面 | トップページ | トラックプラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/13060665

この記事へのトラックバック一覧です: T644~ザ・シリーズ小物:

« T644~余白の水面 | トップページ | トラックプラン »