« トラックプラン | トップページ | 変電所でござる »

2006/12/18

T644~電柱でござる

電気の話を下書きしていたんですが、キリがなくなってしまったので、ますは即物的なこと:電柱の話でも。

T644_denki0.jpg

この御時世ですから、どんな田舎でも電気が来ていない家はないですね。だから、レイアウトに建物を置いたら、その一軒一軒に電柱を介して電線を張るべきです。電気が来ていない家はただの廃屋に見えますよ? そういう意味では、電柱は生活観を醸し出す絶好のアイテムだと言えます。そこで写真のように、左手の駅舎、右手の住宅とも電気を引き込むようにしました。

なお、右2本の電柱に付いているのは柱上変圧器で、架空線で送られる電力は6000Vなどという高い電圧を用いていますので、これを一般家庭用の100or200Vに落とす為のものです。建物の側にある電柱は、このタイプを用いるといいでしょう‥‥‥と、こういうことを書き出すとキリがなくなっちゃうんですけどね。あと、電力だけでなく電話回線なども架空または地中から各家庭に配されますが、その辺も今回は省略。

最近は景観保護のため、電柱を廃した地中送電が用いられる場合も多いですね。その場合も、電気が地中を通っていることを明示したいところです。例えば、マンホールがあるとか‥‥‥ということで作ってみました。

T644_manhole.jpg

ドラム缶を地面ギリギリまで埋めてみました。うーむ、なんかしっくり来ない? というか、マンホールのある場所がおかしいかな? 実際の街で、どんな場所にマンホールがあるか観察せねば‥‥‥。

備忘録:トラックの荷台はトラックの高度+7mm、40km/h制限などの標識の直径は4mm、田んぼ内にある看板の足は端ホーム駅名A 。

|

« トラックプラン | トップページ | 変電所でござる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/13111737

この記事へのトラックバック一覧です: T644~電柱でござる:

« トラックプラン | トップページ | 変電所でござる »