« 新作「Side Seven」公開 | トップページ | SideSeven蘊蓄その2 »

2007/01/11

SideSeven蘊蓄その1

蘊蓄の前に、まずはレイアウトそのものを見てやってください。ガン○ムに詳しい方なら、「ここはこの設定に基づいているな」「これは違うんじゃないか?」と楽しんで頂けると思います。

S7_utyuukou.jpg 宇宙港駅

時代背景:

作品の年代はUC0079年7月です。サイド7は新しく建設されたコロニーであり、この年の5月に入植が始まったばかりです。その為、レイアウトでも建設中のビルなどが多数あるわけです。その5月には連邦軍のV作戦が発動され7月にはガン○ム1号機がロールアウトしています。作品はまさにこの時点を描いたものですが、ガン○ムはまだジャブ○ーにあり、これからサイド7に持ち込もうというところです。レイアウトにある軍需施設はその受け入れ態勢を整えつつあるって状態で、残念ながらガン○ムそのものはありません。そして、9月にはホ○イトベースが入港し、ジ○ン某部隊の襲撃という事件が待ち構えているのです‥‥‥。

まあ、ガ○ダムそのものをよう作らんかったので「前夜」にしたってことですが、その方が味があっていいってことで(^^ゞ センスのある方はMSを作ってみるのも一興かと。ただし、ガ○ダムは身長18m、一般的な電車と同じ大きさですので、念為。あと、問題はパイプ。これをガン○ンクの砲身にしたろうと企んでいたのですが、内側のテクスチャがないので見栄えが無茶苦茶悪いです。

S7_T3.jpg LRT風路線

コロニーと鉄道:

結論から書くと、列車としてTALENT644を採用していますが、これはモノレールまたはLRTという見立てです。TALENTは気動車ですが、見た目が非常にそれらしいので、見栄えを優先で採用しました。

さて、コロニーでは電車が最適な乗り物と言えます。なぜなら、その大気も人工のものであり、従って、空気を汚す燃焼機関はご法度になっているからです。鉄道でも蒸機やディーゼルじゃなくて電車が最適ということですね。もちろん、ガソリン車もご法度で、エレカと呼ばれる電気自動車が用いられています。レイアウトではガソリン車が走っているように見えますが、外観がそう見えるだけで中身は電気自動車なんだぞ、と言い張っておこう。また、煙突なんてものも設置してありますが、あんなもの飾りです。偉い人にはそれが分からんのです。

その一方、そもそもコロニーに鉄道が必要か?という問題もあります。実際、ガン○ム世界で本格的な鉄道が出てくるのは、ある作品以外には見たことがありません。思うに‥‥‥コロニーは長さがせいぜい32kmであり、全体で1つの都市を形成しています。従って、都市間の大量輸送という需要はないと考えられます。コロニーの外壁を走る「地下鉄」と呼ばれるものがありますが、鉄道と呼べるか微妙ですし、コロニーの外側をレイアウトで作っても面白くありませんので除外します。

以上より、コロニー内に鉄道を設定したいと思ったら、それは都市内輸送を目的としたモノレールかLRTであろう、という結論に達したわけです。まあ、それだけでは面白くないので、例外として貨物線も設定してみました。これは、軍の物資を大量輸送するために、このコロニーだけに設置された特別な路線、というオリジナル設定です。

S7_T5.jpg 軍用路線

さて、そのコロニー内鉄道ですが、電車だと言いながらよく見ると架線がありません。これは、架線というものが宇宙世紀という未来都市に相応しくないと考えたからですが、では、この鉄道、どうやって走っているのか‥‥‥という話は、また後日。

|

« 新作「Side Seven」公開 | トップページ | SideSeven蘊蓄その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/13430412

この記事へのトラックバック一覧です: SideSeven蘊蓄その1:

« 新作「Side Seven」公開 | トップページ | SideSeven蘊蓄その2 »