« 餘部、再び | トップページ | 往年の天王寺駅(その1) »

2007/02/27

餘部が呼ぶ声

改めて、餘部行の記事と写真を見ていたんですが、沢山撮って来たわりには公開していなかったですね。小出しにしようとして忘れていたんでしょうか。 色々発見もあり、他人に送り付けておきながら自分ではよく見ていなかったというテイタラク~~~(^^ゞ

ama04.jpg

▲駅から下に降りた所から、駅側を見上げた絵です。崖の上が餘部駅ですね。分かり難いですが、橋脚にもナンバリングがされていて、これは「10」と読めます。となると、その向こう側にある脚は11番で、やはり全部で11本あるってことですね。なお、番号は大阪側からふってあり、昨日の写真とは逆でした(;^^)

ama05.jpg

▲忘れてならないのがこの慰霊碑です。橋のほぼ中央、国道沿いにあります。電線のプロテクタ(黄色と黒のやつ)が景観を阻害しとるなぁ。

ama06.jpg

▲橋脚の鉄骨構造がよく分かる絵とかもあるんですが、橋脚を真下から見上げてみたこんなアングルにしてみました。実際、かなり巨大な構造物がそびえ立っているのです。さて、VRMではどこまで再現してくれるでしょうか‥‥‥。

|

« 餘部、再び | トップページ | 往年の天王寺駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/14063169

この記事へのトラックバック一覧です: 餘部が呼ぶ声:

« 餘部、再び | トップページ | 往年の天王寺駅(その1) »