« 第6号の鼓動 | トップページ | 在庫整理 »

2007/03/23

スクショ立体化?

C57バリエーションはやはり別売りですかっていうか、C57ばかり出すなよ、まあ、開発側の気持ちは分かるけど。ならば、C55を出してくれんかなぁ、スポーク車輪を描くのが面倒ですか、はぁ、そうですか。ちなみに、C57 11は、門デフに加え、鷹取工改造で集煙装置・重油タンク・長庇と美味しい要素が揃っているので、この時代のものなら買ってしまいそうですが(^^ゞ

閑話休題。『ビュワーでは立体的に見えるのにスクリーンショットにすると平面的になる』というのは私自身も書いたことがあるのですが、これを立体的に見せかける研究が進んでいるようなので、自分なりにやってみました。

3Dtest1.jpg

3Dtest2.jpg

  • スクリーンショットには被写体深度がない。まあ、ガンプラの写真を撮ろうとアレコレやっている時に、ピント合わせについて気付いたってところなんですけどね。スクリーンショットを撮る場合、ピントは合わせる必要はなく(そういう概念がない)、本来ピンぼけになる筈の遠景や近景もハッキリ写ってしまうので平面的に見えるのではないかと。
  • 人間の眼は視野の周囲ほど視力が落ちる。ある1点を見つめている場合、その中心点では1.5なら1.5の視力があるが、周囲にいくほどその視力は急激に下がっていく。つまり、視野の周囲では物体はボケてぼんやりとしか見えていない(さらに色彩も失われる)。

以上、2点に基づいて、スクリーンショットの周辺をぼかす:正確には、同心楕円の外側にいくほど「ぶれ」を大きくしてあります(Photoshopで加工)。結果、立体的に見えるというより、より実感的になってってところかなっと。

|

« 第6号の鼓動 | トップページ | 在庫整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/14355707

この記事へのトラックバック一覧です: スクショ立体化?:

« 第6号の鼓動 | トップページ | 在庫整理 »