« Rot und Schwartz | トップページ | VRM4プレミアムトレイン(裏) »

2007/04/19

C57の屋根とタリスのパンタ

さて、よく言われることらしいのですが、Nゲージの蒸機の場合、1/140くらいあったり腰高だったりして、客車を引かせた場合、屋根の高さが揃わないと‥‥‥一方、VRMでは完全1/150らしいので一応検証してみました。

C57_scale0.jpg

C57_scale1.jpg

ま、きちんと揃っているんでは内科と。

Thalys_pant2.jpg

V4版Thalysのパンタなんですが、デフォルトで上図のようになっています。一見菱形パンタのようですが、実はシングルアームが2個並んでいるんですよね。で、これを両方上げているのはおかしいだろうけど、じゃあ、どっちを上げるんだ?って問題です。ちなみに、V3版では{ < | > | 両方下ろす }の3種類のモデルが用意されています。

Thalysはプッシュプルで動力車(パンタ)が2つあるので、考えられる組合わせは、進行方向を左←とすると{ << | <> | >< | >> }の4種類。日本の機関車の多くは、{ <> }となっていますが、Thalysの場合は{<<}かなぁっと。正解を知っている方がいれば教えてやってください。なお、{<<}の場合、進行方向を反転するとパンタも上げ直さないといけないので面倒くさかったりするかも(^^ゞ

おまけ:「SuperMini」と「A4」の全景を大きな画像で載せておきます。それぞれクリックで拡大。万一、間違ってNゲージで作ってしまった人があればご一報を(^^ゞ

A4full.jpg

A4full.jpg

|

« Rot und Schwartz | トップページ | VRM4プレミアムトレイン(裏) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/14760330

この記事へのトラックバック一覧です: C57の屋根とタリスのパンタ:

« Rot und Schwartz | トップページ | VRM4プレミアムトレイン(裏) »