« キハポストFLASH | トップページ | Nacht Fahrten »

2007/05/03

定尺レイアウトのすすめ

C57の前照灯を点け忘れていたことは内緒だっ! ‥‥‥それはさておき、ユーロ駅のレイアウトはなかなか出来ないので、ちょっと精神論。なお、画像は見せびらかしで本文とは関係ありませんでし。

P0501.jpg

▲ICE-Tも買ったかも。26m級かも。

最近いくつか作ったレイアウトは、定尺と呼ばれるサイズのものになっています。ここでいう定尺は1800mm×900mm=畳1枚、あるいは、TOMIXレイアウトボード3枚分の大きさのことです。なお正確には、定尺とは建設用語で、合板によく使われる3尺×6尺らしいです。

さて、なんで定尺なのかというと‥‥‥作りやすいからです。ミニレイアウトについては、キハポストに書いたこともありますが、今回重要なのはその大きさではなく、予めサイズを決めておく、ということにあるのではないかと思った次第です。ですから、1800×900だけでなく、900×600だとかA4サイズだとか、あるいは6畳一間分だとかでもいいわけです。VRMは仮想空間でレイアウトの設置場所を考慮しなくていいのに、なぜ大きさを決めた方がいいのでしょうか?

P0502.jpg

▲意外となさけないThalysの正面顔。

予めサイズを決めておく最大のメリットは、レイアウト完成の見通しが立てやすいということにありますね。仮想空間の自由さのままにダラダラと作っていくと、いつまで経っても完成せずにそのうち放り出してしまう恐れがあります。ダラダラという意味では、完成したレイアウトは間延びしたものになる恐れもあります。作りたい情景に対して少々手狭と思うくらいの空間で部品密度を上げた方が見応えのあるものになるでしょう。そういう意味で、1800×900というサイズは、大きさと密度のバランスが一番とれていると思われます。鉄道模型でよく採用されるだけに、定尺は伊達じゃないってことですね。

P0503.jpg

▲C5711とC571の重連。

1つ具体的なことを言うと、VRMレイアウターの特性として、レイアウト図の左上が原点になっており、レイアウトサイズを拡張する場合、右下方向にのみ可能となっています。この為、レイアウトサイズの見通しを立てずに作り出す場合、自ずと左上から作って行くことになります。一方、レイアウトの大きさを決めておけば、右から下からどこからでも手を入れていくことができます。これが作りやすいという理由の1つですね。

まあ実際、VRMでは厳密にこだわらなくてもいいかと思います。最初1800×900のつもりで作り始めて、どうしてもそれじゃ納まり切らないので2000×920になってしまった、というのはそれはそれでいいと思いますし、実際そうなってしまったレイアウトもあります。

P0504.jpg

▲The Next Project.

|

« キハポストFLASH | トップページ | Nacht Fahrten »

コメント

はじめまして、啓明さん。Zioと申します。
いつも啓明さんのサイトを楽しく拝見させていただいております。
最近のTOMIX追加キットやDBStationの記事は非常に参考になり、欲しくなりました。(でも送料の件があってもう少し待ち状態ですがw)

さて、今回の記事は、私も非常に痛い思いをした経験があり、筆をとらせていただきました。
初心者にありがちなズルズルとレイアウトが大きくなっていくといったものですが、最終的にはビューワーが起動できなくなり、泣く泣く縮小。一気にヤル気が失せたというよくありがちなパターンです。放心状態からは比較的早く立ち直れましたが、無駄になってしまった労力を思うと非常にやるせなかったです。ですから、この「定尺レイアウトのすすめ」は初心者の方には是非お奨めしたいですね。

そこで、啓明さんのサイトを私のサイトからリンクさせていただきたいのですが、如何でしょうか。
私のサイト「VRM4-comVignette」もこの定尺の考えを導入し、更には啓明さんの公開されたビネットの影響を大きく受けて、繋げて楽しむビネット「コン・ビネット」なるものを展開させていただいております。この「コン・ビネット」という発想の原点としても是非ともご紹介させていただきたく、お願い申し上げます。

投稿: Zio | 2007/05/03 04:59

まいど、ご丁寧にどうもです。
リンクの件はバンバン貼ってください。ただ、うちの方はリンクのページってものがないので「相互リンク」ちゅうのは出来ませんのでご了承を。というわけで、今後ともよろしくです。
P.S.送料については全くの同感。一律800円は高すぎ~。

投稿: 啓明 | 2007/05/03 14:16

ご承諾いただき有難う御座います。
「相互リンク」の件、了解いたしました。
こちらこそよろしくお願いいたします。

私もShadeやtrueSpaceを仕事で使っていたりしますので、
啓明さんがお持ちのVueにも興味があります。
私はBryceでVRM4用の空テクスチャーを作ったりしていますが、
Vueでも360度パノラマ画像出力で作られたりしているのでしょうか?
ちょっと気になっております。

投稿: Zio | 2007/05/03 16:08

Zioさん>Vueでも360度パノラマ画像出力で作られたりしているのでしょうか?
そう、まさしくそれをやっとります。最近のレイアウトは雲を含めてVue5(Esprit)ですね。360度なんですが、VRMビュワーで見るとどうしても継ぎ目ができてしまいます(たぶんVRMのせい)。今のところVue5収録のサンプルばかりで自分でオリジナルな空を作るまでには至っていないんですが(;^^)
あと、Vue5はShade(.shd)やTrueSpace(.cob)オブジェクトの取り込みもできます。

投稿: 啓明 | 2007/05/03 22:35

やはり、Espritをお使いなのですね。
Easelではcobが読めないですし、ProStudioまで必要かどうかは微妙だなぁと思っていました。

空テクスチャーの継ぎ目はBryceでも出ますので、VRMが原因です。
ちょっと実験してみましたが、テクスチャーは1024*256のサイズですが実際には幅1021で良いみたいです。
ただ1021までアスペクト比を変えるだけでは不十分で、一旦1011までアスペクト比を変更し、
その後左右5ドット分の空白を追加。そして、左右どちらかの1ドット分をその10ドット分にコピーする
という手法でかなり継ぎ目がわからなくなります。面倒臭い手法ですが、ご参考までに。

投稿: Zio | 2007/05/04 02:45

継ぎ目>情報ありがとうございます。さっそくやってみますね。
ProStudioについては‥‥‥と思ったら、すでにVue6が出ていました(;^^)

投稿: 啓明 | 2007/05/04 15:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/14932356

この記事へのトラックバック一覧です: 定尺レイアウトのすすめ:

» パノラマ画像のシームレス化 [Rosso Laboratory (VRM4CV編集後記)]
啓明さんへ 私が書いた手法で試したものがこれです。 [画像] ちょっと中央右部分が間延びした感じになっているので、数値はもう少し改善の余地ありですが、パッと見た目には継ぎ目は目立たないと思います。 この記事の意味がわからない方はこちらをご覧下さい。 http://keimei.moe-nifty.com/knr_news/2007/05/post_367f.html#comments... [続きを読む]

受信: 2007/05/04 23:47

« キハポストFLASH | トップページ | Nacht Fahrten »