« V4対V3国際版、天空の戦い | トップページ | VRM4対VRM3国際版:丸屋根編 »

2007/05/11

虹の果てには?

と、いうわけで虹です。Vue5で作りましたが、少し蘊蓄を書いておくと‥‥‥

niji0.jpg

  • 虹は太陽の正反対にできます。そのため、太陽高度が低くないと虹が出現しません。作例では太陽は西の空低くにあります(画像を左右反転させてもらえれば朝になります(^^)。
  • 天候は雨上がり=青空に黒い雲がまだ残っているって感じにしてみました。Vue5では設定でチェックを入れるだけで虹を出現させることができます。作例のような天候で虹が出るものか定かではありません(;^^)
  • 本物の虹は上空にいくほど薄れて見えなくなり、そういう設定もできるのですが、作例ではせっかくなので全体的にかなり明るい虹になっています。また、外側に派生的な虹もあります。
  • 空が歪む度合を考慮しましたが、まだちょっとつぶれ気味になってしまいました。

あと、どちらも昼間・晴れって天候ですが、2つほど作ってみました。

夏2:晴れた青空です。積雲が漂っていますが夕立が来るほどではありません。気温が高いので地平線付近は白く霞んでいます。

山岳:澄み切った「高い」空です。上空は風が強いようで、雲が少し乱れています。

▼3つまとめてダウンロード BGSky_k0511.lzh (882.4K)

|

« V4対V3国際版、天空の戦い | トップページ | VRM4対VRM3国際版:丸屋根編 »

コメント

早速、拝見させていただきました。

今はShadeを使った仕事で忙しいためVRM上では見れてはいませんが、やはりVueの方が写実的でいい感じですね。「山岳」の雲を見ると「これは今持っているBryceじゃ無理そうだ」って気がしました。
Bryceはもう日本語版出ないでしょうし、Shadeを使った仕事ではVueの方が相性は良いでしょう。私が考えている「VRM4GIS計画(仮)」なるものでもVueが使える可能性があるので、かなり真剣に乗り換えを考えています。これだけ条件が揃えばもう行くしかないかなと。

さて、foxさんのサイトで私が作った天球テクスチャの公開が始まりましたので、もし宜しければご覧になって下さい。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~foxhound/sky_texture/zio/index.html
多分、Bryceによる最初で最後の天球テクスチャになるだろうと思いますので。(Vueがうまく使えなくて戻ってくる可能性もありますが(;^^))

投稿: Zio | 2007/05/12 16:36

>Zioさん
そちらの虹も拝見しましたが、結構印象が違ってみえますね。
で、Vueは地形(山)も作れるわけで、それをVRMに取り込むことも出来たりするんですが、この辺も機会があればやってみます。

投稿: 啓明 | 2007/05/13 16:43

>Vueは地形(山)も作れるわけで、それをVRMに取り込むことも出来たりするんですが、この辺も機会があればやってみます。
私のブログ内でもBryceで作った地形を掲載し、その流れで「VRM4GIS計画(仮)」の概要を書いてみましたが、あまり他ユーザーからの反応はないみたいです(;^^)
とっととVueを買って実験してみたいところですが、仕事が忙しくて買いに行くこともできないので、啓明さんのレポートを楽しみにしています。
VueはDEMファイルを読めるはずなんですが、その辺のことはマニュアル等に詳しく書かれていますか? 私が知りたいのは国土地理院発行の5mメッシュ三次元データをうまく読み込めるのかどうかということなんですが、多分そこまで具体的には書かれていないですよね?

投稿: Zio | 2007/05/13 20:47

マニュアルには
『USGSの定める形式仕様に準拠したDEMは、(中略)直接取り込むことができます』とありますね。グレースケールBMPも取り込めます。

投稿: 啓明 | 2007/05/14 13:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/15032276

この記事へのトラックバック一覧です: 虹の果てには?:

« V4対V3国際版、天空の戦い | トップページ | VRM4対VRM3国際版:丸屋根編 »