« 高曇り | トップページ | 地形データ交換:実践編 »

2007/06/01

ビデオカード徹底比較・特別編

色彩理論についてはカラーコーディネータの資格を持っているもんで、書き出すとキリがないんだけど、1つ思い当たる事があって‥‥‥それは、VRM4本「エキスパートガイド」のP.136にある「ビデオカード徹底比較」のなかの画質の比較です。即ち、ビデオカードの違いによってVRMで再現される色合いも違ってくるのです。当記事では、共著者の協力を得て、GeForceとRADEONについて比較しており、その生画像が付録CDに収録されています。改めてこれを検証するに、トラックバック先のSuchaCoolでもやられているように、画像ソフトを使って適当な部分を吸い取って比較してみます(うちではPhotshop使用)。画像は載せられませんが、P.136図14~16の103系の絵を使いました。

●103系スカイブルー
GeForce:H188 S78 B87 (#31C5DD)
RADEON:H188 S90 B74 (#12A6BC)

●103系オレンジ
GeForce:H14 S69 B93 (#EC6F49)
RADEON:H14 S78 B82 (#D1542D)

色彩を数値表現する方法はいろいろありますが、ここではHSB指標:H=色相、S=彩度、B=明度を用いました。()内はRGB成分の16進表記です。こうやって数値にしてみると、GeForceとRADEONでは全然違いますね。しかし、よく見ると、色相は同じで彩度と明度が違っていることが分かります(GeForceは明るく RADEONは彩度が高い)。これはなかなか興味深い結果です。

この様に、同じVRMの画像でもお使いのPCによって色合いは全然違ってくるということです。今回はスクリーンショットで比較しましたが、実際はこれをモニターディスプレイで見ているわけですから、モニターの色調調整具合によって、実際に人間が見る色合いは更に違ってくるわけです。この場合は、モニター画面をデジカメで撮るという手段が考えられますが、デジカメにも色の癖があるんで難しいですね(;^^)

さて、ユーザー環境によって色合いが違うのなら、正確な色についての議論なんて出来ないじゃん、ってことはなく、モニターを適切に調整することによって正確な色再現を行います。例えばうちでは、Adobe Gammaという調整ソフトを使ってモニターを調節しているわけです(DTPでは必須の作業です)。これにより、特にモニターと印刷した時の色を一致させることができます。色の数値化:例えば現実の車輌の色をどうやって調べるのか、などについては、機会があれば書きたいと思います。

|

« 高曇り | トップページ | 地形データ交換:実践編 »

コメント

こんばんは~。
ビデオカードとかモニターの調整で画面の見え方が変わることは、考え始めると条件が錯綜して混乱するんで無視しとりました(笑)。
>色相は同じで彩度と明度が違っている
明度が変わってしまうってのは素人目には意外です。そうするとRadeonの方が彩度が高い代わりに日陰面は比較的引き締まって見えるかもですね。

投稿: 45-50s | 2007/06/01 23:32

1つフォローすると……今回は彩度と明度の絶対値を比較しましたが、コントラスト(日なたと日陰の差)については「比」ですね。だから、ビデオカードに関らず、VRMビュワーのそれは低いと言えるんじゃないかと。

投稿: 啓明 | 2007/06/02 00:15

おはようございます。Zioです。
お二人の数値化された情報を興味深く拝見しておりました。

確かにVRM4の「日なたと日陰の差」は少ない気はしますが、私が思うに、これはVRM4が「shadow(影)」に対応していないからではないでしょうか?「shadow(影)」がないのに「shade(陰)」を強くしてしまうとアンバランスな感じになると思うので、バランスをとるために「日なたと日陰の差」を少な目にしているんじゃないかなぁと思っております。

ところで、啓明さんはカラーキャリブレーターもお持ちですか?

投稿: Zio | 2007/06/02 04:43

Zioさん>カラーキャリブレーター
EIZOの製品ですね。それはさすがに持っていないです(高いし(;^^)

ちなみに、VRMで「影」がないのは、ビュワーの処理が重くなるからだそうです(これについても、エキスパートガイドに書かれています)。

投稿: 啓明 | 2007/06/02 17:20

<カラーキャリブレーターについて>
最近ではナナオ以外でも安価なカラーキャリブレーターが出ているようですが、それでも数万円。モニターを数十台もっているなら考えますが、使うのは最初の1回だけでしょうから勿体無くてなかなか買えませんね。(私の場合、今現在は出版界との付き合いも無いですし)

ということは「Adobe Gamma」ってどうやってICCプロファイルを作るんでしょうか?
色見本帳みたいなものと照合ですか?

<影について>
VRMで「影」を再現するにはシャドウマッピングが最適なのだろうとは思いますが、ユーザーのPCが全体としてもっと高速化される必要があるでしょうから、多分VRM4時代には来ないでしょうね。(VRM4時代があと5年も続けばわかりませんが)

投稿: Zio | 2007/06/03 20:15

Zio さん>ということは「Adobe Gamma」ってどうやってICCプロファイルを作るんでしょうか?
詳しくは機会があれば書く積もりですが、結局は「人間の眼」で判断って感じですね。

投稿: 啓明 | 2007/06/04 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/15274495

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオカード徹底比較・特別編:

« 高曇り | トップページ | 地形データ交換:実践編 »