« 地形データ交換:実践編 | トップページ | 第7号に一言 »

2007/06/11

大半径カーブ

第7号で大半径カーブが来ちゃいましたね。V3にあってV4になかったものの1つがコレですが、V4ではフレキを使って任意のカーブが作れるのであまり有り難みはないです。大半径カーブの作り方は以前から書こうと思っていて忘れていたので、慌てて書いておきます。

R903-1.jpg

適当なカーブ(R631-30)を用意します。その一方に適当なレールAを接続します。AをZ=-272mm移動させたのがレールBです。ここで、631+272=903で、R903というのはV3に収録されている大半径カーブの曲率なわけです。

R903-2.jpg

AとBの両方を選択・コピーします。両方選択されたまま右30度回転させます。さらに、そのままA’がR631の右側に接続されるように配置します。

R903-3.jpg

あとは、フレキでAとA’を接続するだけです。スムーズなカーブにするには、フレキのハンドルを適当に調整する必要があり、ここが唯一最大のコツってところです(図は適当にやったものなので、もうちょっとハンドルを長くすべきでした)。まあ、カーブはどうとでもなるので、むしろ、IR980などの大半径ポイントが欲しいところですね。

|

« 地形データ交換:実践編 | トップページ | 第7号に一言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/15400818

この記事へのトラックバック一覧です: 大半径カーブ:

« 地形データ交換:実践編 | トップページ | 第7号に一言 »