« 夏の日の幻想第3楽章 | トップページ | 見てはいけない »

2007/08/04

第3楽章~車両編

第3楽章ですが、蘊蓄は後日どころか、肝心の注意事項も書いていなかったですね(;^^) 質問もありましたので、まずは車両関係です。登場するのは‥‥‥餘部橋りょうにいるのは当然のことながらキハ181(4連)、スイッチバックの方は、追い抜いて行く急行型は左の山の中にいてキハ65/58/28/58(4連)、追い抜かれる一般型は駅に待避していてキハ48(2連)となっています。特急・急行・一般の御三家を揃えてみましたってところですが、いずれもVRM3車両です。

これらの車両をお持ちでない場合は、エラー(編成に車両が含まれていないとかなんとか)が出ると思いますので、お持ちの車両で補完して頂ければと。ただし、編成配置にはスクリプトが含まれていますので、車輌配置ごと削除して新規に配置すると、スクリプトも失われてしまいます。これをふせぐには、編成配置の車両だけを入換えます。レイアウトの車輌配置を右クリックして編成エディタを開くと車輌が何もないと思いますので、そこに適当な車両を配置していくって感じです。あと、編成名(TRAIN_Aとか)も変更すると動作に支障をきたしますので、そのままにしておいてください。なお、キハ48だけは駅に収める必要があるので20m級2連という制約があります。

いつもは、車輌を適当に走らせてくださいってレイアウトが多いので、配置した車輌をお持ちでない場合、適当に入換えてもらえればいいのですが、今回はスイッチバック=スクリプトによる完全自動にしちゃったので、ちょっと面倒になってしまいましたね。[s]キーを押すと自動運転を開始します(で、止める方法はなかったりする)。自動運転なんかしたくないって方はキーを押さずに適当に列車を走らせてもらってもいいですが、ポイントが切り替わらないので途中で止っちゃいます(;^^) あと、トンネル内部の話とか、いろいろ蘊蓄はありますが、それはぼちぼちと書きます。トンネルが重なっているのは正しい症状(?)です>漆黒さん。

で、うだうだ車輌編:なんでVRM3車輌かというと‥‥‥先に書いたように、今回は特急・急行・一般型の揃い踏みをやってみたかったのよね。でも、VRM4にはロクな気動車がなかった、というだけの話。ちなみに、第1楽章でもスイッチバックは作ったんだけど、レイコンの規定上VRM4車輌しか使えない。つまり、スイッチバックで追い抜かれる一般型の気動車がなかったわけ。そんなわけで、レイコンではわざとスイッチバックのシーケンスは組み込んであげなかったのよ:-P で、今回、そのリベンジって感じでVRM3車輌を使うことによって、スイッチバック本来の姿を実現してみました。まあ、何かというと、車輌も情景の一部みたいなそんなこだわりですね。さて、次回作第4楽章は、フィナーレということで既に構想はあるんだけど、登場車輌が揃わないことにはねぇ。少なくとも、VRM4でも一般型気動車がリリースされてからって感じだけど、いつになるのやら‥‥‥。

|

« 夏の日の幻想第3楽章 | トップページ | 見てはいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/16007190

この記事へのトラックバック一覧です: 第3楽章~車両編:

« 夏の日の幻想第3楽章 | トップページ | 見てはいけない »