« 一応コメント | トップページ | 残酷な電車のテーゼ »

2007/09/02

最後の国鉄型車輌

勝手に銘車シリーズ第2弾です。キハ54というクルマがありまして、これもなぜかお気に入りなんですが、国鉄型車輌には違いないからってところでしょうか。北海道と四国に棲息していますが、見た目は全然違うってのも特徴かもですね。

K54H.jpg

▲北海道型はさすがに見たことないのでNゲージで。GM製ですが、Nゲージを始めて極初期に買ったクルマだったりします。北国らしく小窓に引き戸ってところ。

K54S.jpg

▲こっちは四国型。四国に行った時に何度も見ていますし、乗ってもみました。バスっぽい折り戸だったり、内装もロングシートだったりしますが、乗ってみての印象はそんなに悪くはなかったです。1つ気が付いたのは排煙がとても濃い:後ろの窓から見ていると茶色い排煙がもうもうと流れていくのがはっきりと分かりました。

キハ54も単行可能ですが、堂々の21m級なので超ミニレイアウトには無理かも。ただ、四国ではなぜかキハ32を従えての2連で走っていることが多かったです(上の写真の左側にちらっと写っている)。っていうか、キハ32が短躯で単行できる車輌ってわけなんですが、こいつはNゲージでは発売されていないみたいですねぇ。

|

« 一応コメント | トップページ | 残酷な電車のテーゼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/16323047

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の国鉄型車輌:

« 一応コメント | トップページ | 残酷な電車のテーゼ »