« 残酷な電車のテーゼ | トップページ | ダンジョン »

2007/09/18

レイアウトは芸術だ! ……そしてパロディへ

「夏の日の幻想」は、絵なんですよ。添付のPDFにも書いてあるけど、旅行に行って、その想い出を絵として残すために作ったの。でも、本格的な絵なんて書けないから、VRM4を使ったってこと。絵だから、レールの配線がどうのこうのとか、ストラクチャがどうのこうのっていうテクニックは一切なくて、頭の中の情景をそのままレイアウターに移し変えただけの話。レイコンに応募することにして、まず何をやったかというと、奈良県美術館にモネ展を見に行った(たまたまやっていた)。

芸術だから、絵でなくても例えば音楽でもいいわけ。「夏の日の幻想」というタイトルがチャイコフスキーの交響曲「冬の日の幻想」のパロディだし。だから、第2楽章とか第3楽章とか続くわけ。ああでも、交響曲っていうならソナタ形式、主題の提示とか展開とかないといけないのか……そんなものはなかったな(;^^) まあ少なくとも、、レイアウトには主題(テーマ)が必要なのは確かかも。

そして、パロディ。なんで芸術がいきなりパロディなのかというと、芸術を突き詰めていくとパロディに行き着くものなのよ。小ネタ的なものでは、他の人が使ったアイデアをこそっと借用しているところがあちこちにあるし、さらに自分自身が昔使ったネタを繰り返し用いている場合もあります。もちろん、そのまま流用したんではパロディにならないから、一捻り加えるのがミソかな。一方、パターン化の安心感というのもあるので、同じネタを複数のレイアウトで繰り返すっての手ですね。大技では、大歩危駅の道路橋や坪尻のシーサースがありますね。大歩危は、せっかくの景観なのにあんな無粋な道路橋があってはいかん!ということで別のものにすげ替えたわけ。これも広い意味でのパロディ、風刺とか皮肉とかも含めて広い意味でパロディという言葉を使っています。

さて、レイアウトを絵として見るなら、鍵を握るのはやはり地形と天球テクスチャでしょう。これは、絵の具というより、陶芸でいうところの土、あるいは、ラーメン屋秘伝のスープってところに相当するんですが、詳しくはまた改めて。

|

« 残酷な電車のテーゼ | トップページ | ダンジョン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/16482311

この記事へのトラックバック一覧です: レイアウトは芸術だ! ……そしてパロディへ:

« 残酷な電車のテーゼ | トップページ | ダンジョン »