« 物欲主義 | トップページ | で、結局 »

2008/12/23

1年ぶりかも

1年ぶりのご無沙汰です。とにかく全然仕事なくて、時間はあるんだけど鉄道/VRMをやっている場合じゃないって感じ、まさに貧乏暇ナシ状態であります。でも、ちゃんとROMはしていますよん。

で、VRM oNLINEについて書いておこうかなと思った次第。オンラインと聞いて、何を今更時代遅れなと思ったし、アクションゲームやRPGじゃあるまいし、およそオンラインと縁がなさそうな鉄道SIMをなんで? と3日間ほど悩みました、いや、ほんと。なんとかオンラインというのは、ユーザーにとってもメーカーにとってもチョーハイリスクだからねぇ。よっぽど体力のある会社でなけりゃオンラインなんでやってられない。経費も人材も嫌というほど掛かるので、よほど大きな後ろ楯がない限り手を出さない方が無難ですな。要は、技術力よりも資金がいるってこと。それにしても、なぜ今時オンラインなのか理解に苦しむのだが、1つ気になったのは、どうやら不正ユーザー対策の狙いもあるらしいこと。それなら分かるし話は簡単だ。恨むなら不正ユーザーを恨みなさい。不正コピーがなくなれば、ソフトの値段も随分と安くなるって話はよく聞くし。そうならそうと公言しちゃった方がユーザーも納得がいくんじゃないのかな? 本当にそうなのか、真相を知りたいところですな。ちなみに、私の使っている某ソフトはパッケージ売りだが、インストール時だけでなく、起動する度にメーカーの鯖に認証を貰いに行く。この場合も、万一メーカーの鯖が死んでいたら遊べないから嫌なんだけだよねぇ。

パーツ(車輌やストラクチャ)をオンラインで個別に販売するのは、ある意味いいかもしれない。例えば、キハ20やキハ25はいらないけど、キハユニ26だけ欲しい、という奇特な人には都合がいいかも。でも、キハユニを買ったら、ついでにキハ20もカートに入れちゃうんだろうなぁ……と、ユーザーにいらない買物をさせるという面で都合がいいかも。オンラインでの買物は金銭感覚が薄れるので、ユーザーに散財させる面でさらに都合がいいかも。ユーザーをより効率よく散財させるため、という理由でのオンライン化なら、大いに賞賛してあげたい。ただし、月額1000円は高杉。散財させるのが目的なら月額減らして、いらん買物させる仕掛けをもっと仕込むべき。商品に無意味な付加価値をつけるとか、後述するようにレア物でユーザーの寡占欲を煽るとかね。

で、ここから本題のレイコン2008。おお、参加賞が「」だ! この直前(といっても1年前)に書いたことが反映されたのか? ならば、なぜ「オリジナルグッズ」じゃないんだ? 『これはレイコンでしか手に入らないんだぞ~』と自慢したいマニア心が分かっていないらしい。トミーテックの協力を仰ぐなら、猫山猫未(誰?)のフィギュアでも作らせてレイコンでバラ撒けば? 同じハイリスクを背負うにしても、なんとかオンラインよりよっぽど楽しそうだし、物欲的だからね。例え、バーチャル鉄道でもオンラインでも、最終的には「物欲」がモノを言いますぜ。


E45_00.jpg

▲うちのオリジナルグッズの1つ卓上カレンダー。右の鉄道版は趣味で作ったもの。お取り引きのあった方にはもれなく進呈かも。

|

« 物欲主義 | トップページ | で、結局 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/43510554

この記事へのトラックバック一覧です: 1年ぶりかも:

« 物欲主義 | トップページ | で、結局 »