« 2009年大予言 | トップページ | 38NOJI 見所案内(1) »

2009/01/20

38NOJI

ハードディスクの肥やし復活シリーズ第2弾です。今度は、38NOJI=3重8の字でございます。これもダブルスリップを使っていますが元ネタがあり、例によって「鉄道模型趣味(Nゲージマガジン)」に掲載されていた作例です(何号か忘れた)。ダウンロードはキハポスト(左側のリンク)から。

38truck0.gif

▲まずは、トラックプランから。色が変わっているのが件のダブルスリップです。上が本レイアウトの配線ですが、下の図のような8の字を折り畳んだ格好になっているのが分かりますか? レイアウトの左右は複線のようになっていますが、1つの列車が一筆書きのように通して走行します。

遊び方ですが、例えば、内周Aを走行している時、ポイントを切り替えると、外周Bでの進行方向が切り替わります。しかも、ダブルスリップは地下に隠してありますので、こっそり切り替えれば、列車がどこから飛び出してくるか分からない、というスリルを味わうことができます。さらに重要なのは、列車を走行させながら、その進行方向を切り替えることができる:手放し運転派にはとても嬉しいレイアウトなのです。

38NO00.jpg

▲全景。Nゲージらしいジャスト定尺サイズのレイアウトです。線路以外の構成も雑誌の元ネタをほほ踏襲しています。手前は水系で逆ラピュタ、向こう側は山系で正ラピュタと変化を持たせてあります。駅が中央のクロス部分、一番高い場所にあるのもちょっと変っているかな? 私だったら駅は鉄橋のある長辺部分に設置していたところですね。

車輌はキハ110を配してありますが、これは趣味です。キハ110に似合うレイアウトを作ろうと思ったのがそもそもの動機ですかも。季節は夏、明るい空と海が眩しいレイアウトに仕上げてみました。

|

« 2009年大予言 | トップページ | 38NOJI 見所案内(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/43799887

この記事へのトラックバック一覧です: 38NOJI:

« 2009年大予言 | トップページ | 38NOJI 見所案内(1) »