« 走召糸従型ムービー | トップページ | キハポスト更新情報 »

2009/01/13

ソフトウェアの「4」は、やはり鬼門だった……

ハードウェアの奇数バージョン、ソフトウェアの偶数バージョンは鬼門だって伝説があるんですよ。というわけで、やはり出ましたね、VRM5。VRMEG本のインタビューでは、VRM5はDirectXのバージョンが上がってからという話でしたけど、それを待てずに出しちゃったって感じ? ま、シェーダーのバージョンは上がっているんだけど。商品戦略的にはかなり問題がありそうですが、技術的には一応の完成をみたという印象を受けます。

となると、VRM4 がどうみても中途半端な立場になってしまいますね。VRM5 が出るまでの過渡的なバージョンと言わざるをえないでしょう。以前、レイアウトを作るには VRM3 と VRM4 の選択肢があると書きましたが、今考えてみて VRM3 では作れなくて VRM4 が絶対必要という理由が全く思い付きません。強いて言うなら、地形ブレンディングくらいかなぁ。それどころか、VRM4は欠点だらけ……その一例が「植生」ですな。植生エンジンは、あれほどアナウンスしておきながら、ついに VRM4では実装されなかったってことになりますね。森や草原を簡単リアルに作る機能があればどんなによかったことか。それどころか、VRM4の樹木って「遠景用」しかなくて「近景用樹木」がないんだけど? これじゃ、リアルな情景は作れませんぜ。

あと、VRM4 最大の欠点はロクな車輌がリリースされていないこと。なんか、機関車と客車ばかりなんだけど? 例えば、TOMIXのスーパーミニカーブをリリースしておきながら、それに対応する車輌がない! 中途半端さという面では、これが最たる例でしょう。VRM5 を出す前にこの辺の落とし前をちゃんとつけて欲しいものです。そして、VRMoNLINE、VRM5 の最大の欠点は……キハ40/58/65が使えないこと。これにつきますね(笑)。

|

« 走召糸従型ムービー | トップページ | キハポスト更新情報 »

コメント

こんばんは〜!突然5ですか。いや、しかし4が鬼門ってのは啓明さん、当たっちゃった?ってヤツですかね。随分前に仰ってましたが・・・。
新しいパッケージ、581/583に焼直しを抱き合わせた感丸出しで痛々しいんですがどう思います?。また、焼直しとかで簡単に出来るもんじゃないとかどうとか言い出すんですかね。
どう見てもV4デビュー当時と被って見えて仕方ないです。まぁ、界隈が盛り上がるのに丁度良いネタになりそうだけど、方々で痛烈な批判が聞こえ(以下略。

あれ、僕は何しに来たんだか。大阪のオバチャンみたいになってますね。仕事しますです、ハイ(笑。

投稿: はやぶさ | 2009/01/13 23:18

まいど。無茶寒いですが、お元気ですか(^^;
確かに痛々しいですなぁ。まあ、焼き直し云々については目をつぶってあげませう。それより、何を買えばいいのかユーザーが路頭に迷っちゃう気がしますね。
ところで! VRM5でキハ58とかD51が超高品質で出ちゃったらどうします? 私としては、それだけが気掛かりです(笑)。

投稿: 啓明 | 2009/01/13 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/43728793

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウェアの「4」は、やはり鬼門だった……:

« 走召糸従型ムービー | トップページ | キハポスト更新情報 »