« The Radeon Menace | トップページ | Revenge of Radeon »

2009/02/28

Attack of Radeon

R4650-0.jpg

▲写りが悪いけど、これがニューマシンですじゃ:CPU AMD Athlon X2 4850e 2.5GHz、メインメモリ2GB、ビデオ ATI Radeon HD4650。

AMD CPUなのは、Intelが高ぇ~から。ビデオはATI派なのでやはりRadeon君で、HD4650はShader4.0対応ですね。本当はHD4850が欲しかったんだけど、予算の関係と熱くて電力食いらしいので。ま、将来を見越して電源は550Wと大きめにしておきました。ケースは余っていた物ですが、他は一新って感じ。

VRM5に対しては充分なSPECだと思います。で、問題は Trainzなのですが……以前書いたようにMINIMUM SPECとRECOMMENDEDの差がありすぎ。とくに、ビデオのGeForce2って、VRM3ですら辛そうなスペックなんだけど、本当にそんなんでいいの? まあ、RECOMMENDEDの方を信じるとしても、CPU Core2 Duo、メモリ2GBとVRM5より要求が高いのですが、問題はやはりビデオ。GeForce7 Seriesってまた微妙なところを……というかショップでほとんど見掛けないんだけど? Shader云々は書いていないんだけど、GeForce7000番台ってShader3.0だっけ? ま、HD4650ならスペックは上の筈だから充分かも。Trainzもビデオの性能が一番影響すると思うのですが、それにしては、ビデオよりCPUやメモリのスペックが高く、RECOMMENDEDを普通のPCとして組んだとしても、えらくアンバランスなマシンになりそうね。

R4650-1.jpg

▲変なアングルだけど、新Radeon君です。

で、取り敢えず、TrainzとVRM3をインストールしました(VRM4は面倒なので後回し)。Trainzはまだまだ不明な点があるので、まずは使いなれたVRM3を……うごわっ! 劇速っ!! I..MAGiCご謹製のベンチマークをやってもいいんだけど、ここは実戦ということで、拙作『水の都...』を使用します。列車がレイアウトを1周(駅から駅に戻ってくるまで)する間の fpsを測定します(注)。解像度1024*768、リフレッシュレート100Hz。このレイアウト、これでもかと作り込んだおかげで、Radeon9600SEではガクガクなんですよ、実は。

  • Radeon9600SE  7.48 ~ 14.58 fps
  • Radeon HD4650 49.95 ~ 100.00 fps

こういうのは平均しちゃダメですよ。あくまで生データで比較します。まず、リフレッシュレートが100Hzですから、100fpsというのはサチっています(それ以上出ている可能性があるってこと)。次に、値にバラツキがあるのは、1周する間、画面に表示されるポリゴン数にバラツキがあるってことです。『水の都...』では、高層ビルのある南東を向くと値がガタッと落ちるようです。ということで、ここは最低値を比べるのがいいでしょう。はっきり言って、通常の3倍どころか7倍近い差がありますね。ビデオだけでなく CPUその他の性能差も含まれますが、最近のビデオは化け物か? ……ええっと、FLASHムービーのデフォルトが12fps、日本のTVアニメが15fpsで、これくらいあれば充分に鑑賞に堪えられますし、30fps以上は人間の目には判別できないらしいですから、49.95fpsというのはオーバースペックとも言えます。非常に乱暴に言えば『水の都...』の2倍密度の高いレイアウトでも滑らかに表示できる性能があるということです。

Trainzについては、まだ不明点が多いしfpsを計る仕掛けがあるのかどうか分からないので、まあ、ぼちぼちと。TS2009にはいくつかのレイアウトが収録されているんだけど、どれも広々としたポリゴン密度の低いものだし(^^; VRM4は放っておいて、次は Vue5をインストールするかな? つまりレンダリング速度ですな。この場合はパイプラインとかスレッド数とかが影響する訳ですが、さて、どうなりますことか……。

(注)ビューワーでのfpsは、VRM3なら[F11]、VRM4なら[F2]を押し続ければ左上に表示されます。白く小さな文字なので、空の色によっては見えないかも。

コラム:日本橋でビデオカードを物色していて気が付いたのだが、GeForceFXなどのShader3.0に対応していないビデオカードがまだ売られていますね。それどころか(Expressじゃない)PCIバス版のビデオまで見かけました。何も知らない人が値段の安さに釣られて購入するとエライ目に合うって寸法ですな。

コラム:ハードウェアは奇数が鬼門でとくに、5は避けられるようです。だから、Intel586がPentiumになったり、GeForce5がFXになったりするかも。

|

« The Radeon Menace | トップページ | Revenge of Radeon »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/44203585

この記事へのトラックバック一覧です: Attack of Radeon:

« The Radeon Menace | トップページ | Revenge of Radeon »