« 苦戦中 | トップページ | メイドさんの逆襲 »

2009/02/21

うぐぅ~

飽きたので終了します、バイバイ>VRM4

いやまあ、そういうセリフを言ってみたかっただけ……ちゃんと書いておくと、購入したのはTS2009WBE、ダウンロード版です。昔、WizardryやAD&Dの新作を個人輸入(しかも為替送金)で買っていたのに比べ楽になったものです。内容については、ほんと、まだ全く何も分からない状態ですよん。Trainzも速い回線とある程度のマシンパワーが要求されるみたいね。というか、MINIMUM SPECがGeForce2で、RECOMMENDEDがGeForce7だもん。ギャップが激しすぎ(^^;

VRM4の方は、Vue5で作った地形を元にレイアウトを作ろうとしたのだが……線路を敷設すると勝手に地面に乗っかってしまう。そのままだと、地形に合せたガタガタグタグタの路線になってしまうので、高度固定して、山を登るなら5mmずつ高度を上げていくなど、1つずつ数値を入力していくことに。とんだ二度手間ですな。ストラクチャも同じ。VRM3のように透明橋脚を地道に設置して行くほうが全然楽です。つまり、VRM4は先に地形を作って後から線路を敷設する方法には全く向いていない、ということです。ま、VRM4は当分いじらないでしょうね。ちょっとマシン構成の都合でアンインストールすることになるだろうし。

追記:線路に段差があると運転できない=ビューワーが起動しないというのも問題かも。このため、取り敢えず線路を引いて取り敢えずビューワーで見てみるということが出来ない。線路を適当に並べてビューワーで見てレイアウトのイメージを掴んでいくという作り方ができないのです。段差がある=線路の接続部分の高度が違う場所はメッセージが教えてくれるが、その場所をレイアウター上で探すのが大変。段差なんてレイアウターじゃなくてビューワーで見れば一発で分かるのに。やってやれないことはないけど、今は亡きghostさん級の生真面目さと根気が必要ですな。これって、初心者にとって大きな障害にならないのかな?

というわけで、今は自宅でVRM3レイアウトを作っていますだ(笑)。

|

« 苦戦中 | トップページ | メイドさんの逆襲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/44125708

この記事へのトラックバック一覧です: うぐぅ~:

« 苦戦中 | トップページ | メイドさんの逆襲 »