« Plant California | トップページ | Money can't buy me train »

2009/03/19

I maid it !

KL120-0.jpg

▲いきなりですが、出来てしまいました。100%オリジナル車輌です。VRMで散々リクエストしたのに、ついぞリリースしてくれなかった軽快気動車でございます。Trainz(というか海外)でもこの手の気動車はほとんどないようですので、自分で作りました。この状態でも、列車としてちゃんと走りますよん。

取り敢えず出来るのを確かめたかったので、これからの課題は山積みです。一番時間が掛かるのがテクスチャを描くことと、それをUV展開することかも。あと、窓をどう処理するかとか(半透明処理とか出来る)。ボギーは既製品をattachしたものですが高さが合っていないし。さらに、鉄道車輌の要素として、ライト・サウンド・排気(煙)なども設定することができます。ちなみに、Blenderでの3Dモデリングが一番簡単だったかもです。要は慣れの問題かと。ともあれ、やり方は分かったので、後は時間さえあればってところですね。

gal1.jpg

▲こちらはストラクチャ。右手のサイロは結構うまく出来たかもです。北海道の牧場にあるようなやつですが、これもVRMで散々リクエストしたのに出してくれんかったかも。手前のメイドさんも自作ですが、これは板(ビルボード)です。隣のおっさん(既製品の3Dモデル)と比べるとちょっと見劣りするかも。背が低いのは身長155cmに設定しているためですかも。

車輌にしてもストラクチャにしても一番苦労するのが「寸法」かも。この軽快気動車も某キハ120に似ていますが、寸法はいい加減なので、それを再現したものじゃないです。鉄道車輌の図面は雑誌に載っていたりしますが、それを正確に再現するのはかなりの労力がいるかと。そんなわけで、オリジナルな車輌の方が作るのに気が楽かもです。で、それ以上に問題なのがストラクチャ。例えば、近所にあるビルの高さとか分かりますか? 図面なんかないし、実測する分けにもいかなそうだし。単なる看板でさえ、高さと幅はいくつ? と改めて問われると、さっぱり分からなかったりしますし。かと言って、カンで作ったりすると、某氏の記念碑のように変な物が出来ちゃいますので、やっぱり現実に即した物を作った方がいいかもです。ま、これの解決方法はいろいろあるのですが、その辺はまた後日。

|

« Plant California | トップページ | Money can't buy me train »

コメント

これはキハ120ですね。もう出来てしまうとは仕事はやー。

ところで、TRAINZで軽快気動車というと、SNCFのX2200がありますが、「あれ、フランスのデザインセンスでこんなものなの?」という感じなんで、やっぱりダウンロードして使うとすればDesiroになっちゃいますかね。

投稿: trs2004jp | 2009/03/20 12:08

trs2004jpさん、こんにちわ。
>仕事はやー
取り敢えずの最小限の状態ですので、まだまだですよ。ヘッドライトないし~(笑)
>Desiro
例の丸っこいやつですよね。あれはあれで気に入っております。ちなみに、当気動車は、VT23あたりのboggyやsoundを借りていたりします(^^;

投稿: 啓明 | 2009/03/20 14:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/44394940

この記事へのトラックバック一覧です: I maid it !:

« Plant California | トップページ | Money can't buy me train »