« Lazy | トップページ | Come together »

2009/04/07

キハ40竣工

ようやくキハ40がロールアウトしましただ。手直しに継ぐ手直しで、モデリングは1日、テクスチャに1週間って感じでした。ボギーやエンジンが借り物なので、キハ40と言い切れないのが辛いところかも。とくに、boggyはStandard Gaugeを履いています。幅広のboggyなので、ある意味 N-gaugeっぽいとも言えますが。車輌の自作で、boggyを作るのは手に負えないなぁってところだったのですが、Trainzでは既存の物を借りてこれるってことで一安心しとったわけです。ということで、自作といっても車体のみです。また、車内は再現していないモデルで、塗り替えで楽しむって感じのクルマです。ま、それでも、屋根上の排気とか鈍重な動きとか、キハ40らしくて最高ってところです。

K40_4koku クリックで原寸に

▲いきなりのJR四国色。個人的趣味で矢鱈凝った部分とそうでないところがあって、全体のバランスは悪いです。ま、素人が造った商用目的でないコダワリの一品ってところですか。

K40_hokkaido クリックで原寸に

▲憧れのJR北海道色。小窓で二重窓なのが特徴ですな。窓やドアの位置の違いはモデリングではなく、テクスチャの貼り替えだけで済まそうという魂胆です。が、そのテクスチャを描くのに、えらく時間が掛かってしまったのですだ。

テクスチャは実車の写真を多用しています。実在の説得性ってのは大したもので、実写部分はかなりリアルに見えますが、一方、手描きの部分がグダグダだったりします。この辺のバランスもとれていませんね。

K40_HK07.jpg

▲四国と北海道では装備が微妙に違ったりします。床下や連結器は単なる箱に実写を貼り付けただけですが、結構リアルに見えます。但し、複数の写真を切り貼りしたものなので、あんまり正確ではないかもです。

K40_4K06.jpg

▲四国色のお顔。アン○ンマンはオマケ(参照した写真にも付いとった)。こんなところで凝るから製作に時間が掛かるわけですが。

|

« Lazy | トップページ | Come together »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/44596074

この記事へのトラックバック一覧です: キハ40竣工:

« Lazy | トップページ | Come together »