« Dr. keimei grows funny traincars | トップページ | 天地爆裂 »

2009/04/21

七鍵守護神

9600形とかD51が続々竣工しているようで素晴らしいですだ。いろいろやりたいことが増えて、もう大変です。私も蒸機作りに挑戦してみたいのですが、何しろ資料が全くないというのが現状です。さて、今日は、キハ47体質改善車です(例によって、各車のうんちくはキハ40ポストをご参照)。初めてこの手のクルマを見た時は、なんちゅう改造しやがるんだって感じでした。が、体質改善といっても、各車両によって程度が違い、様々なバリエーションがあるので、これを調べるのもなかなか奥の深いものがありますね。そういうった"違い"に細かくこだわるのがマニアってもんでしょうか。本来、鉄道車輌というのは1両1両に個性があり、様々な表情を見せてくれるものです。その最たるものが蒸機ってわけなんですけどね。TS09モデルでも、同じキハ47でも各車微妙にディテールがちがうので、別のモデル(imファイル)を用意したものがあります。

k47_101S.jpg クリックで原寸(1080*282)に

▲アーバン色豪華4両編成:灰色帯の入っている「ことぶき」が、岡山ツヤ キハ47 69 + 1038、もう一方が、岡山オカ キハ47 45 + 1022の各ユニットです。灰色帯は本来快速「ことぶき」用なんですが、あんまり区別されていないようです。私の乗った「ことぶき」は キハ47 45 + 1022の帯なし編成でしたし。

k47T_0016.jpg

▲ディテール:両開き扉、銀サッシ窓、言迷の縞模様、そして、JR WEST JAPANのロゴが特徴でしょうか。なかにはトイレタンクが撤去(室内に移動)されたクルマもあるようですが、このクルマは辛うじて残っているって感じです。

K47B005.jpg

▲播但線色:ワイレッドは先日に比べて少し彩度を落としてみました。播但色の方が銀サッシが目立って、いかにも改造車って感じかも。プロトタイプは、福山に居た 福トカ キハ47 15 + 1133のユニット。15 の方は屋根上が奇麗サッパリって感じでした(クラーすらない?)。また、餘部に行く時に乗った編成は、キハ47 1 + 5 という両方トイレ付きの豪華仕様? 0番台がトイレあり、1000番台がなしなんですが、必ずしも 0 + 1000でユニットを組む訳でもなさそうです。資料はあるので、トップナンバーの キハ47 1 もモデル化したいところですが、予定は未定です。

|

« Dr. keimei grows funny traincars | トップページ | 天地爆裂 »

コメント

初めまして、と言っても以前ブログにコメントいただきました。
あれからずーっとこちらも注目しています。
蒸機は簡単に作れます。ディーゼルカーと同じで、似たような
ボギーをDLSで探して、位置あわせをしたら、後は車体を
作るだけです。
3.5フィートゲージはあまりありませんが、今回の9600は
bdnealさんに熱意が伝わって作ってくれました。
是非チャレンジを。

投稿: Hanshin9501 | 2009/04/21 09:30

Hanshin9501さん、まいどどうもです。
>似たようなボギー
なるほど、そういうことですか。これはいいことを聞きました、ありがとうございます。ぼちぼちと、ちょっと調べてみますね。

投稿: 啓明 | 2009/04/21 15:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/44738095

この記事へのトラックバック一覧です: 七鍵守護神:

« Dr. keimei grows funny traincars | トップページ | 天地爆裂 »