« M2号強行偵察型 | トップページ | Download List »

2009/05/10

cabview うんてんだい

At this time, my kiha40 has no cab view in Driver because of no cab model. So I'm going to make it as 'simple' version.

というわけで、どうやら運転台のモデルを作ってTraincarに仕込まないと運転台視点が使えないようなので、仕方なくそれを作っています。個人的には運転台そのものにはあまり興味ないので、こんなの作らなくてもいいやと思っていたのですけどね(^^; まあ、難しいことを言えば、運転台視点では、そこからの景色が主で運転台そのものはそれに彩りを添える従たるもの、つまり、運転台モデルは景色を阻害しないように目立たずシンプルなものが理想と考えます。

Trainzでは、運転台は'部屋'を3Dで再現した形になっています。だから、凝ったことをしたければ、各種制御機器を細かくモデリングすることも可能です。が、今回は単なる箱として製作して、実写のテクスチャを貼っただけにしようと思っています。あ、もちろん、窓を開けないと外の景色が見えないですから念為。

さらに、attachment pointを追加することで、ハンドルレバーやメーターの指針を動かすことも可能です。3Dモデルで再現されたレバーがノッチの切替えに応じて切り替わるって寸法です。が、これも最初に述べた理由によりオミットです(^^; 作るのが面倒というのもありますが、'従'たる運転台製作よりも車輌自体の製作に時間を掛けたいからです。

幸いTS09に収録されているDisiroの運転台がこの'simple version'を採用しているようなので、これを真似しています。Disiroは、キハ40自身を作る時にいろいろとお手本にしましたし、bogeyやengineもこれから借りた"使える"クルマです。運転台も自分で作らずにDisiroのものを借りちゃえばいいのですが、それではあまりに不自然かもです(^^; Disiroを真似すべき点としては他に、室内の再現、乗客の乗り降り、ドアの開閉がありますが、これらについてはキハ40に仕込む予定は今のところないです(^^;

|

« M2号強行偵察型 | トップページ | Download List »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/44965646

この記事へのトラックバック一覧です: cabview うんてんだい:

« M2号強行偵察型 | トップページ | Download List »