« 水中型 | トップページ | キハ40特別ダウンロード »

2009/05/21

線路際のアクセサリ

突然ですが、VRMの勾配標は間違っている!というのは有名な話ですね。実は、TS09を始めて、いの一番に作りたかったアイテムがこれだったりするかもです。いや、実際作ったんだけど、なぜか忘れていました。あと、45-50sさんも書いていられますが、Clearance postが北海道用しかないので、甲種なものを作りました。

post01.jpg

▲裏と表から見てみる。ちゃんとしているでそ?

こういった線路付帯設備は"Trackside"に指定できます。すると、本当にtracksideにしか置けなくなるので注意が必要です。配置するのは楽になりますが、自由度は減ります。ホームの上や町の真ん中に勾配標を置いたりできなくなるってことです。この辺のアイテムはきちんと作り直して来週くらいにアップロードしようかと思っています。

余談ですが、TS09には各国の線路付帯設備がちゃんと収録されています。だがしかし! 何がどういう標識なのかさっぱり分からん! 海外の車輌については雑誌や書籍で紹介されていますが、標識まで書いてある本なんてないし(^^;

post03.jpg

Gradient, Clearance and Kilopost as Japanese style.

|

« 水中型 | トップページ | キハ40特別ダウンロード »

コメント

突然ですが、お願いがあります。
TRAINZ Collectionをご購入いただけないかと。
そうすれば、すてきなDCがTRS04でもTRS06でも動かせると
思うのですが・・・。

未だに、DLSにUPせずに来ていますが、UPって面倒くさそうですが
いかがですか?
Forumで皆さんにお世話になっていますので、UPしなくちゃとも
思うのですが。

投稿: Hanshin9501 | 2009/05/22 09:15

追記です、
TS09はつれあいから買ってもよいと許しが出ているのですが、TRS06で動作が不安定だったので、
TS09をもし買ってもせっかく作ったレイアウトがトラブルだったらと思うと、なかなか手が出ません。
レイアウトの再製作というのは、本当にガッカリしますので。

その辺、TRS04は非常に頑健(旧なので単純?)に出来ているというか、まずトラブったことはありません。
TRS2004jpさんによると、パッチが出たら入れるとよい、最終版がよいとご教示受けていますので、
TS09は次バージョンが出るころにするのがベストかいなと思ってます。

もう一つ、TRS04はシステムディレクトリが分かりやすく、どのディレクトリがどのAssetsか判別できます。
TRS06になると、システムディレクトリを見ても、どれがどのAssetsなのかパズルです。
TRS04ですと、2つのPCに入れていても、全く同じシステムディレクトリ構造に出来ますのでバックアップも
しやすいです。
経験から、TRS04バージョンのAssetsは、TRS06バージョンでも動きます。TRC/TS09では不明ですが・・・。
逆にTS09のAssetsがTRS04でそのまま動くかどうかも不明ですが。

ということで、TRAINZ Collectionをお勧めします。

投稿: Hanshin9501 | 2009/05/22 10:39

Hanshin9501さん、いつもお世話になっています。
Assetの下位互換性がないというのはいささかビックリしているところで、例のForumでも聞いてみようと思ったのですが、Tokkyu40さんが書かれているように、"We'll have to either upgrade our computers and buy TRS09"というのが正論かなと思い、とくに対応はしないことにしました。というか、先に釘を刺された感じかも。同じく彼が書かれているように、TS09には、私のよりずっとbeautifulな車輌がいろいろとあるようですので、私としてはTS09をお薦めしたいところですが(^^;

互換性について、まず1つ確認させてください。
1. ダウンロードそのものができない。
2. ダウンロードできるが、Driveできない。
のどちらでしょうか? もし、kiha40.cdpというファイルがあれば、それは取り込めそうですか?

2009購入時にPrevious Versionについてもいろいろ検討しましたが、Download版が、2009とClassicしかなく、他のものは選択肢から外しました。パッケージ版だと何かと面倒くさそうだったので。

Assetの取扱については、2009では随分違っているようです。
>TRS04はシステムディレクトリ……
というのが、チュートリアル関係で唯一理解できなかったところなんです。TS09の場合を書きますと、AssetsはPackというかArchiveというか1つの大きなファイルにまとめられています(多分Asets.tdxというファイル)。新しいAssetをNEWしたり、既存のをOpenすると、/Editフォルダに『一時的な』フォルダが作られます。このフォルダは Open in Explorerというコマンドで開けますので、そこに必要なファイルをコピーしたり、configを編集したりします。用が済んだら、Commit(またはRevert)すると、Assetの内容はAsets.tdxに書き戻され、先の一時フォルダは削除されます。ですから、システムディレクトリ構造というのは全く意識する必要がないって感じです。

バックアップについては、全てのAssetがcdpで書き出せます。レイアウト(RuteとSession)もcdpで書き出せますので、それを適当な所に保存すればバックアップになると思いますが。もっとも、うちではトラブったことは全くないので、レストア作業はやったことないのですが。

Uploadは、単に上記のcdpファイルをAuranのサーバーにUploadするだけです。blogに画像ファイルをUploadするのと同じ感覚です。ただ、dependencyがどうのとかThumbnailは用意したかとか口五月蝿く言われます(^^; あと、Descriptionを始め、categoryとかkindとかconfigの内容はちゃんと書いた方がいいようです。こういった準備作業の方が面倒です。Uploadできたなら、あとはAuranの承認作業を待つだけです。本文に書いたように、これには1週間ほど掛かる場合があります。

とりあえずはこんなところで。必要なら、詳しくは別途書きます。

投稿: 啓明 | 2009/05/22 22:15

以下、調べた範囲で状況を記載します。
1.DLSに行くと、啓明さんのアセットは当然リストにアップされていますが、それらを選択してアセットの個別ウィンドウでは「serial number required」と表示され意味不明。

通常TRS04/06のアセットでは、そのウィンドウの同じ位置にFTPダウンロードボタンが有って、次々とクリックしていくと出来るのですが、どうも不可能なようです。

アセットの個別ウィンドウで、PACKというところをクリックすると、別ウィンドウが開き
その「Download PACK」と記載されているところをクリックすると、TRS06の「Contents
Manager Plus」というTRSのDLS専用プログラムが動きますが、今度は啓明さんのアセットが
見つかりませんでした。
ちなみに、小生のメインPCはTRS04とTRS06の2つがインストールされてます。

2..cdpは、TRS04で使っているフォーマット(TRS06では、.cdpファイルと.cpmaファイルが使える)なので、もしかすると使えるかもしれません。
以上

投稿: Hanshin9501 | 2009/05/24 11:12

Hanshin9501さん、ご協力ありがとうございます。
TRS04/06ではAssetの管理やダウンロード方法も全然違うようですね。2009では、Contents Manager Plusですべてのアイテムを一元管理します。
ともあれ、別途cdpをダウンロードできるようにしますので、よろしかったらお試しください。

投稿: 啓明 | 2009/05/24 14:07

追記:
Hanshin9501さんはGMAXをお使いですか?
私はBlender使いなので、そもそもBlenderからTRS2004へのExportが可能かどうかが不明です(ちょっと調べたけど、よく分からなかった)。

投稿: 啓明 | 2009/05/24 16:06

ズゥーっと、GMAXを使ってます。
TRS2004JPさんのところでBlenderを知りまして、関連Siteを
ちょっと覗いてみたりしたんですが、なんとかGMAXをものにした
直後ですので、新しいソフトに切り替えるのもちょっと億劫です。
ただし、いつまでGMAXが使えるかAutodesk次第ですし、少し
不安なところもあります。

GMAXの欠点はTextureを張ったときに、立体画像(Perspective
Viewという)の解像度が悪くて正確に張れない点です。
いちいち、違う描画ソフト/TRS04まで確認しないといけない。

その辺については、Blenderですと使い勝手は良いですか?
新しいソフトなので改良されているのではとも考えますが。

BlenderからTRS04へのExportはTRS2004JPさんの方が詳しいでしょう。

TRS04へのAssetsのInportは以下の2通りです。
1)DLSから入手したAssetの場合
  .cdpファイルをダブルクリックすると、Extracterというソフトが開いて
  インストールしてくれます。
2)自分のAssetの場合
  TRS04のシステムディレクトリにユーザー専用のcustomというサブ
  ディレクトリを作り、さらにAssetのkind毎にtrainsとかsceneryとかの
  サブディレクトリを作り、そこにGMAXからExportしたデータ等を置いて
  やります。
  GMAXからExportされるデータは、.imファイルなどのMeshデータや
  アニメ関連の.kinファイル、Texture用の.txtファイルなどです。
  これとhornなどのsoundデータ,enginespecなどのAssetの動作関連データや
  shadow、サムネイル用のartファイルなどをAssetのサブディレクトリに
  入れるとOKです。
  煩雑そうですが、慣れると楽です。
3)自分のAssetを配布する場合やTRS06に入れたやりたい場合
  出来たAssetについて、TRS04付属の.cdpファイル作成ソフトで書きだします。
  TRS06のCotents Manager Plus(CMP)を立ち上げてから、.cdpファイルを
  ダブルクリックすると、CMPがインストールしてくれます。

多分、TS09のインストール方法とTRS06のそれとは同じようですね。
TRS06へは割と簡単に、.cdpファイルだけでもいけるかもしれませんね。
TRS04へは、???といったところですか。
以上


Exportは直接でなくて、GMAXから
config.txtという

投稿: Hanshin9501 | 2009/05/25 09:44

Blenderについては、機会をみて本文記事に書きましょう。TrainzよりBlenderの紹介記事の方が喜ばれそうだし(^^;
ちなみに、Blenderでも Driverでの確認作業は必要になってきます。その頻度が問題なんでしょうけど。

投稿: 啓明 | 2009/05/25 17:44

表題の標識ですが、例えばイギリスの場合だと

1.http://www.railwaves.com/index.php?option=com_remository&Itemid=7&func=select&id=2

2.http://www.railsigns.co.uk/

1.2.どちらの方を探しているのですか?
WWWで徘徊しているときに気に留めときます

投稿: kitten7010 | 2009/05/31 20:42

ええっと、別に探しているわけじゃないので、お気遣いなく。なお、日本のものに関しては、ちゃんとした書籍がありますし。

投稿: 啓明 | 2009/06/01 17:43

>余談ですが、TS09には各国の線路付帯設備がちゃんと収録されています。だがしかし! 何がどういう標識なのかさっぱり分からん! 海外の車輌については雑誌や書籍で紹介されていますが、標識まで書いてある本なんてないし(^^;

>ええっと、別に探しているわけじゃないので、お気遣いなく。なお、日本のものに関しては、ちゃんとした書籍がありますし。

了解

投稿: kitten7010 | 2009/06/01 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/45084772

この記事へのトラックバック一覧です: 線路際のアクセサリ:

« 水中型 | トップページ | キハ40特別ダウンロード »