« キニ58組み立て開始 | トップページ | 座席 »

2009/06/28

とぉ~っても簡単なreskin

TS09収録の車輌を見ていると、時々真っ白なクルマがあります。まあ、真っ白なクルマというのもお洒落でいいのですが、これが reskin用の車輌で、好きに塗ってくださいということなのです。そのテクスチャは図のように影というかある程度書込みがあり、これが結構リアルです。そこで、この元からある影の絵を活かす reskin方法。例によってPhotoshopクラスの画像ソフトが必要です。なお、以前、紹介したジオンタンカー(3dtcar)やオリジナルボックスカー(40ft boxcar)はこれを利用しています。

reskin4.jpg

▲テクスチャの元画像(一部))

  1. 背景レイヤーをコピーします。新しいレイヤーの表示方法を例によって、乗算だかオーバーレイだか適切なものにします(お好みで)。
  2. 両者のレイヤーのに新規レイヤー(複数可)を作って、そこで色々お絵描きします。あとは、御自由にどうぞ。

reskin5.jpg

▲レイヤー構成

……と、その前に、.textureをTARGAに変換しなくては。TS09収録車輌の一部には、テクスチャの拡張子が".texture"になっているものがあります。これは、さすがのPhotoshopでも編集不可能ですので、".tga"に変換します。そのためのユーティリティが"\Auran\TS2009\Extras\Third-party Addons\PEVSoft"にあります。

reskin2.jpg

▲これが見つかるかな?

使い方は"readme.txt"に書いてある通りですので、余計な説明は省きます。要は、図のように所定の場所にバッチファイルを作るだけです(内容はreadme.txtにあるものをそのままコピーすればよい)。これで、Assetのコンテキストメニュー(右クリック)で、.textureを.tgaに変換できます。

reskin3.jpg

▲バッチファイルを作る

reskin1.jpg

▲コンテキストメニューで一気に変換

※Assetの取扱方法は、hanshin9501さんのblogを参照(というか、その記事を前提に書きました)。

※日本車がお好みなら、真っ白車輌の中にEF81があります。

|

« キニ58組み立て開始 | トップページ | 座席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/45477260

この記事へのトラックバック一覧です: とぉ~っても簡単なreskin:

« キニ58組み立て開始 | トップページ | 座席 »