« Blender Anime | トップページ | 氷河急行 »

2009/07/05

一等車に乗ってみた

みなさんご承知と思いますが、Trainzもオンライン対応になっており、DLSからAssetをダウンロードするだけでなく、Trainz起動時にAuranの鯖に接続しにいったりします。Trainzの起動が妙に遅い時があったりしますが、そういう時は鯖が混んでいて繋がりにくい時だったりします。

では、Trainzで遊ぶのに速い回線が必要かというとそうでもないかもです。もちろん、ネットで情報収集したりForumに参加したりするのに速い回線があったに越したことはないですが、ここではDLSからダウンロード(DL)する時に限ってみましょう。これもお気付きだと思いますが、速い回線を使っていてもDLする速度はせいぜい 5kbpsだったりします。これはなぜかというと、Auran側で帯域制限しているせいですね。DLSには全世界から不特定多数の人がアクセスしますから、鯖がパンクしないようにするための当然の処置です。だから、こっちがいくら速い回線を使っていても鯖側で制限されているから速度が上がらないってわけです。

だがしかし、"First Class Ticket"と購入すると、この帯域制限を解除してくれます。正確には、"First Class"専用の鯖が別にあって、Ticket購入者はそっちにアクセスを切替えてくれるようです。多くの人が"First Class"でアクセスすると、鯖に負担が掛かりますが、その時は、購入代金で鯖を増強すればいいわけですね。デフォで遅い回線、"Ticket"を買うとその代金で仕立てられた鯖で高速アクセス、誠に合理的なシステムです。

さて、そのTicket代ですが、有効期間があって、3ヶ月で1000円弱と微妙な金額になっています。まあ、安いと言えば安いのですが、TS09本体価格の1/3ですから、そうみると割高かも。1年だと2000円弱とお得ですが、今度は1年間というのが微妙です。というのも、Trainz購入当初はDLSから沢山ダウンロードするでしょうけど、一通りDLしてしまえば、あとは必要に応じてボチボチというところでしょうから、せいぜい3ヶ月分で充分かなぁっと。そもそも、5kbpsで充分、DLしている間は他のことをしてりゃいいじゃん、という向きもありましょうし。

で、今回3ヶ月分を買ってみたのですが、実効DL速度は、5kbpsから200~300kbpsに大幅アップしました(公称では100倍らしい)。DL時のオーバーヘッドなどもありますから、回線速度に反比例して DLに掛かる時間が短くなるわけではありませんね。小さなサイズのものを大量に落とすより、数MBあるAssetを落とす時に威力を発揮するって感じです。また、Trainz起動時の接続も心なしか待たされることがなくなったような気もします。なお、アップロード時については、Ticketなしでも充分速いですから、問題ありません。

|

« Blender Anime | トップページ | 氷河急行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/45544151

この記事へのトラックバック一覧です: 一等車に乗ってみた:

« Blender Anime | トップページ | 氷河急行 »