« 1ドット勝負 | トップページ | 1回でもナンカイクイズ »

2009/12/15

周辺機器

Blender上にある仕掛品からいくつか……いや別に機密ってことはないですが。

D14bugel.jpg

▲パンタグラフが生えている車輌は作らない方針なんですが、これはビューゲルだから許すかも。bugelってドイツ語? uはウムラウトで。そうそう、これまで、パンタグラフの話題は避けていたんですが、これもビルディングのnightmodeと同じ考え方をすればいいんだよね。つまり、パンタとは限らず、鉄道車両にアニメーションする何かを付加する機能と。ま、何かを付加するって、その何かについて全くアイデアはありませんが。

D14VB41.jpg

▲これは……ボギーじゃないよな、1軸だし。図面を見ると"走り装置"とか書いてあるので、そういうものなのでしょう。2段リンク板バネ構造というやつ。なお、Blenderには、テクスチャの裏面が見えないという困った特性があるもんで、台枠が半分しか見えていなかったりしますな。

D14tr50.jpg

▲なんとなく TR50ですが……

D14tr53.jpg

▲こっちが本命でTR50はついでかも。これらを履く車輌を作る予定は?ですが、例によって台車だけなんとなく作ってみたというか、取り敢えず周辺機器から押さえていこうという感じ? よく考えたら、同じ構造をした台車なら、寸法を変えるだけで量産できてしまうわけですが……。

今後の予定というか、作ってみたい車輌:実車としても3Dモデルとしても技術的興味があるのに、連接車とダブルデッカーがありますね。連接車は、こういうフザケたのを作ったことはありますが、まじめに作るなら江ノ電あたりか? ダブルデッカーは近鉄特急(30000系)でしょうか。どちらも電車だというのが主義に反しているのと、VRMにもあって目新しさが少ないという理由で、イマイチ創作意欲が湧きませんが。しかし、ダブルデッカーなどは、インテリア付きで作ると実際に"乗る"ことができる分けで、1階席からの微妙な眺めを楽しむことが出来そうです。実際、近鉄特急は何度も乗ったことがありますが、2階建て車輌に当たったことはほとんどなかったので、バーチャルでいいからぜひ乗ってみたいところですね。まあ、2階建てということで、作る手間も2倍、ポリゴン数も2倍で大変そうですが。あと、"バス"をtraincarとしてインテリア付きで作るというアイデアもあります。これに乗って、電気街を観光ツアーすると面白いかなってところですが、まあ、同じ手間を掛けて作るなら、バスより鉄道の方がいいよなぁって感じで逡巡しておりますな。ついでに……思いっきりフザケたのに、こういうのがあります。これ、未登録ですけど、outsideviewを仕込んで、乗って走り回れるようにしうようなかと……まあ、思っているだけですが。

|

« 1ドット勝負 | トップページ | 1回でもナンカイクイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/47025427

この記事へのトラックバック一覧です: 周辺機器:

« 1ドット勝負 | トップページ | 1回でもナンカイクイズ »