« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/27

寒地用

旋回窓について詳しく解説しておくと、Trainzモデルではポリゴンという板を組み合わせて立体を構成している都合上、円とか球は苦手なのですね。円柱ならば、○角柱で近似(?)するという感じになります。まあ、例えば床下のタンクなど目立たない部品は6角柱とか8角柱程度で充分なのですが、旋回窓となると思いっきり運転台視点の目の前にあり超アップで表示されるので、32角形で作っても円には見えずカクカクしているのがバレてしまうかもです。

円を表現するもう1つの手段はテクスチャですね。旋回窓を窓ガラスのテクスチャに描いてしまう方法です。しかし、こちらもピクセルというデジタルな構成、滑らかな円にするには画像解像度(サイズ)を大きくしないといけません。何もない窓なら32*32ドットで充分ですが、旋回窓付だと128*128ドットは必要かもです。というわけで、ポリゴン数か画像サイズかのトレードオフっちゅうやつになりますな。これは、旋回窓に限らず言えることで、ミニロコで言えば、エンジングリルやキャブの通風孔などはテクスチャで誤魔化してあります。グリッドのスリットなんぞを3Dで作っていると、いくらポリゴンがあっても足りんって感じですからね。

kDB02-1.jpg

▲なるほど……これは素晴らしく寒地向けという感じの面構えになりますなぁ。ポリゴンで作るのは面倒なので、試しに窓に旋回窓を描いてみましたの図です。テクスチャで描くのも面倒で手間が掛かるわけですが。あと、窓自身も少し小さくしてあります。

kDB02-2.jpg

▲で、キャブ内からの視点でアップするとこんな感じ。グタグタでいい加減な絵が描いてあるのがバレバレ……というか、旋回窓ってこんなんかぁ?って感じですが、絵で描くならこれが限界ってやつです。まあ、絵の上手い下手は別にして、旋回窓に厚みがないのが、なんとも変な感じです。本当は旋回させるための取っ手かモーターが付いているんですけどね。でも、外から見た第一印象を優先して、これでいくことにしましょう。

kDB02-3.jpg

▲電機の方は、ビューゲルに換装してみました。こっちの方が実際にありそうな姿ですが、この手のカマは、ちいこいボディにでっかいパンタというアンバランスさが萌え~なのかもです。

kDB02-4.jpg

▲フリーランスで実在のDE10は関係ないよと言いながら、しっかりこういう写真を参考にしていたりするのですが……この人は、昔、梅小路でC62と並んでいたのですが、結構かなりの重装備かも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/26

調子こいてフリーロコ2題

FDL202.jpg

▲やはり機関車はこの色ですなぁ……セキを引っ張るなら、こっちの方がいいかも。先日のロコとの大きな違いは色ではなくて、耐寒仕様だということ。スノウプラウやデフロスタだけでなく、キャブの通風孔が塞いであったり、床下の燃料タンクにカバーがあったり、窓がハメ殺しだったりという細かいところまで再現……耐寒ってそんなものかな? あと、窓ガラスが2重になっているというのがあるけど、これはモデルで再現してもあまり意味がないし(他の耐寒仕様車でも省略)。フリーのミニロコというより、DD51ショーティって気もしますが、DD51やDE10とは全然違う姿ですので念為。

FDL302.jpg

▲電気機関車では萌えない性質なんですが、こういうのはいいかもね。地鉄などでよくあるやつですが、これも特にモデルはなくフリーランスです。各部の寸法は先の2機そのままだけど、架線の高さにパンタを合わせる関係上、屋根の高さはそれによって決めました。他より屋根が高くなっているわけだけど、全体のバランスは崩れていないと思う。電機は作りなれていないので、屋根上が変だけど(^^;

蛇足:VRMのコンテストについて一応コメントしておくと……2400mm×2400mmちゅうのは"ミニ"じゃねぇぞ。ミニレイアウトというと、畳1枚(1800mm×900mm)とか1ボード(900mm×600mm)とか、実際過去のレイコンで1800mm×900mm規定というのがありましたからね。それより致命的な欠陥は、2400mm×2400mm以内って書いてあるけど、2400mm×2400mmのみに規定しないと、コンペ(比較)にならないだろっと。しかし、なんで、2400mm×2400mmなんだろう、この数字どこから出てきたのだろうか……今世紀最大の言迷ですなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/21

みすく

DT22.jpg

▲DT22のリメイク。リメイクというより、DT33か何かを改造したものだけど、やはり面倒くさかったです。

FS345.jpg

▲FS345らしきもの。でけぇ台車ですだ。トレーラー用はFS45というんだけど、全体の形状や大きさは同じで、車輪径"だけ"が違うという言迷の仕様。

DL86.jpg

▲2段リンクの単軸。貨車一般用に作っておいたって感じ。先のミニロコ用に2軸貨車も作ってみたいところ。北海道用に2段リンクじゃないやつも欲しいんだけど、資料収集中。

PT42-1.jpg

▲これがパンタグラフというものらしい。Blender上の画像でLatticeだらけだけど、TS2009に持っていったら、あっさりパンタとして機能してくれました。実は今まで、パンアグラフというものに全く興味がなかったのですが、こういうアニメーションするやつは面白いですな。

追記:Auranの鯖がトチ狂っているようで、今度は言迷のメールをバラ撒いているようですな。おかげで、forumのDLS,FCTカテゴリーは大変盛り上がっております(゚o゚; そんな情報収集のためもあって、最近は専らTrainz forumの方を見とるわけですが、これがなかなか興味深いですわ。不具合・メンテ情報以外にも、例えば、TS2009とTS2010は何が違うんだみたいな話題とか。あと、ミニレイアウトの話題があったり、本物と見間違うような凄いスクリーンショットがあったり、もちろん鉄道の一般的な話題もありますよ。以前書いたように、forumでは英語圏以外の国の人でもちゃんとコミュニケーションされていますからね。中国の方や女性もいらっしゃるようです。その反面、日本人はほとんど見かけませんので、やっぱり日本人はダメだなぁ、そりゃ中国にも負けるよって感じかも……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニロコ

FDL000.jpg

▲ミニレイアウトをいくつか作っていて、レールバス以外の小型車両が欲しくなったので、急遽作りました。TS2009には小型ロコもたくさん収録されていますが、大抵SGだったと思ったので、こいつは42inchゲージで製作かも(というかレールバスの台車を履いておられる)。ディーゼルエンジンは以前から作りたかったのですが、なにせ資料がない……そんな事情で、彼女はフリーランスだったりするわけです。ただし、参考にした図面はあります。というのも、全くフリーで作ると必ず変なものが出来てしまうので、現実のロコの寸法やバランスを参考にしました。あと、イメージとしては、こいつね(ちなみに、この製作記事のその後はなくて作り掛けたまま放置プレイかも)。しかし、さらに小型化して、GMキットの保線モーターカーの方が近いかもです。

フリーランスでも現実のものを参照せよというのは、レイアウト製作にも言えますね。オリジナルの路線でも現実の鉄道に即して作るべき、例えば、駅の構内配線などは想像で作ると理論的にありえない駅になってしまい、そういう理論的にありえない風景は、鉄道に詳しくない人が見てもどこか変、と感じるものです。

FDL001.jpg

▲機関車は赤色だっちゅうイメージを持っておるのですが、ここは敢えて『青緑6号』というやつにしてみました。国鉄じゃなくて地方私鉄のロコって感じ。旧国鉄がどうのこうのというのを離れてフリーというのもいいかもね。何より、実車通り作らなあかんという束縛がないので、すげぇ~楽でした(^^;

さらに、開発期間短縮のために、運転台とか連結器とかテクスチャとかはレールバスの物を流用しています。そうそう、エンジンもレールバスの物を使ったところ、すげぇ~非力。写真ではセキを引っ張っていますが、これを3両も連ねると動かない。いくらエンジンを吹かしてもビクともしませんでした。Trainzではエンジンの馬力や車輌重量などから加速度を計算したりしているので、こういうハプニングが起こったりするのが面白いところですね。

それと、1つ気づいたのですが、鉄道車両の配色が暗いと写真全体が暗く見えてしまうような気のせいかも知れませんが、そんな印象を受けたかもです。

FDL003.jpg

▲もちろん、cab内もしっかり再現。この手の入換機にありがちな、コンソールが横向いたタイプにしてみました。で、小型レイアウトに小型ロコを作って感じたのだけど、車輌モデリングにおいてもミニサイズのものは有効ではないのかなっと。181系など大型車輌はどうしても大味になってしまいますが、ミニロコだと細部まで作り込めますし、また、そうする時間的・労力的余裕もありますね。つまり、ミニサイズだからこそ、手を抜かずにとことん作り込むことが出来るということです。逆に言うと、ミニサイズだから手が抜けないという厳しさもあるわけですが……ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/18

Zakki

登録作業中のAssetのうち、去年Uploadしたもの(市電)は登録されたようです。今年になってからのもの(レールバス)はちと自粛中。新規は控えてくれというお達しだし、それでなくても、休み期間に溜まっていたであろう他の多くのAsset登録作業で鯖が大変そうなので、まあ、様子を見ながらボチボチといきます。

……と、情報収集のため Trainz forumをつらつらと読んでいたら、TRS2006でもDLSからTS2009/2010のAssetが落とせるようなことが書いてあったけど、何しろTS2009しか持っていないので確認できず。確かに、TS2009でもTS2010のAssetは落とせるようなんだけど。この場合のDLSは、CMPのDownload Helperじゃなくて、正味のDLSでの話ね。噂の詳細はforum参照。まあ、forumで何か書くと二言目にはTRS2006とか言われて辟易していたところなので朗報かも(大半の人はまだTRS2006を使っているので、TS2009でAsseを作っても遊んでもらえないのよ)。もちろん、TRS2006でTS2009 Assetが正常に動く保証はありませんが。

aki01.jpg

話変って、VRMでまたコンテストをやるらしいけど、ビネット云々はおいといて(いつぞやのコンテストにビネットを出したことあり)、ユニークな作品と言われても困ってしまうね。そこで、ラピュタ(超ミニ円形レイアウト)なんぞはどうでせうか? 左コラムにある人気記事ランキングで『A4』という古い記事がなぜか上位にあることだし(^^; もっとも、VRMのスーパーミニカーブでレイアウトを作っても走らせる車輌がないわけだけど(爆)

と書くのも、最近TS2009でラピュタを作ってみて、やっぱりこの手のレイアウトは作っていて楽しいし、いい練習になるからですわ。なにしろ短時間で多数のレイアウトを作れるのがいいですね。例えば、雪景色だけはどうも苦手、とか、自分が作るといつも秋の光景になってしまう、という人にお薦め。ラピュタを5、6個作れば随分と上達するんじゃないかな。大都会とか地方都市とか、春の山地とか秋の森とか、夏の海辺とか冬の平原とか……5、6個じゃ足りませんな(^^; さらに、テーマを決めて作らないといけませんぜ(冬景色とかはテーマじゃなくて単なるシチュエーション)。同じローカル線でも、大赤字で廃線寸前なのか、地域の住民の足として役に立っているのか、観光資源と化しているのかとか、大都会の場合は、商業都市における鉄道の役割と経済効果とか。また、見所となるシーンをどこに配置して、どう見せるかとか。ミニレイアウトなら、その辺の練習が手軽に出来るってもんです。ま、騙されたと思って1つ作ってみてください。絶対病みつきになりますから……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/14

国鉄レールバス そのさん

ラピュタの『雪+森林』版を3時間で作りましたが、あんまり楽しくなかったです……というか、このクソ寒いのにわざわざ雪景色を作らんでもって感じですので、これは気が向いたらScreenshotzの方に掲載しておきます。

VT98.jpg

▲国鉄がレールバスを開発するキッカケになったのは、ドイツのオムニバスVT95型だったそうです。写真はその2エンジン型のVT98ですが、Trainzにバッチリ収録されていますだ。ちなみに当モデルのエンジンはこいつのをちこっと手直しして使っています。

K01-1.jpg

▲改めてキハ01。03と比べて、正面窓の数、運転席の位置、側面ドアの数などが違いますが、基本的な車体の構造は同じ……と、思っていたら、なんと床と屋根の高さが違う! 03に比べて01の方が低いです。そう言えば、キハ04/07の時も床の高さが違ったな。床面の高さがマチマチなんて、なんでこんな面倒くさい設計になっているんだろう。

ついでに言うと、キハ03は一見センタードアですが、ドアは車体の中心軸上になく、やや2位側に寄っています。このため、前後対称というか点対称でなく作るのが面倒だったりしました。あと、キハ01/02/03には、ウィンドヘッダ(カッターライン?)みたいのがあって、これが京都市電そっくりなんですよね。以前掲載した画像には、これがなかったり、また、1位と2位がごっちゃになっていたりしたので、こちょこちょと手直ししています。もちろん、細かい装備や表記類は個々のクルマによって違いがあるのですが、その辺は最大公約数的な解釈をしてあります。それから書くのを忘れていたけど、カラーリングは赤2号とクリーム4号のツートン。これ、特急色と同じなんですよね。というか、レールバスに塗られたのが先で、特急はその後かららしいです。

K03-in1.jpg

▲キハ03車内:内装はバス部品を多用しとるわけですが、モデルでは安っぽさを出すためにポリゴンをケチってみました。座席の背ズリなんか厚みのない1枚板だし。また、材質はビニールクロスだったそうで、その質感をどう出そうかと思いましたが、適当にテクスチャを作って誤魔化しました。もちろん、Blenderでは部分ごとに木とか金属とか細かく質感を変えることが出来るのですが、大変面倒くさいので、プラモデルのように、つや消しとか半ツヤとか、そんな程度の質感の違いに留めています。

rK01-in1.jpg

▲こちらは、キハ01の室内:運転席がセンターにあるのがちと新鮮な感じ? 01と03では床材の種類や天井灯の配置なんかも微妙に違っていたりします。

K03-11.jpg

▲おまけ:いっぱい繋いでみた(゚o゚)ノ

追記:新作の登録についてですが、Auranによるとメンテ作業中なので新規登録は控えてくれとのこと。なので、市電やレールバスは来週かそれ以降になりそうです。詳しくは Forumへどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/12

京都市電 そのレイアウト

round2S.jpg click to the huge size

▲調子に乗って超ミニ円形ちゅうかラピュタレイアウト都会編。直径は30cm×150=45mほどです。これも半日くらいで作ったので適当……というか、街並みとしては変ですが、走らせていて楽しいかも。

round21.jpg

▲別アングルから。

round23.jpg

▲縦構図と思われるモノ。カーブがきつすぎてポールが架線から外れまくりなのは内緒だ。

round22.jpg

▲もう一丁。VRMにも路面電車の類が欲しいとマジで思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国鉄レールバス そのレイアウト

round0S.jpg click to the original size

▲超ミニ円形レイアウトをTS2009でリベンジ。直径は30cm×150=45mほどです。こういうレイアウトの場合、あまりストラクチャを置かず、地形の変化で処理した方がいいと思う……と言いながら、なんとなくジャポネスク……というか、一晩で作ったのでいい加減(^^;

round01.jpg

▲無理矢理絵にしたような光景。

round03.jpg

▲キハ01も出来ております。フロントが3枚窓の方がレールバスらしいかな?

round02.jpg

▲まさしく箱庭。VRMにもレールバスの類が欲しいとマジで思うぞ。

Auranの鯖は完全死亡の模様。市電とかレールバスとかの登録は当分先になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/09

国鉄レールバス その誕生

K03-0.jpg

▲これが正真正銘本年の1発目:キハ03レールバスです、どん。Nゲージのミニレイアウトやパイクでは御用達のクルマかも。これもVRMでリクエストしたんだけど出して貰えなかった車種ですね。VRMにはTOMIXのスーパーミニカーブなんぞが収録されているので、A4とかいうレイアウトを作りましたが、走らせる小型車輌がVRMには存在しないというテイタラク。まったくもって、けしからん。こういうミニサイズなクルマが1つでもあればと、どんなに強く思ったことでしょう。レールバスというものについては、TOMIXが南部縦貫のを出していますし、他にもいろいろ車種がありますが、こちらは正統派(?)国鉄のキハ01/02/03のシリーズでございます。

K03-2.jpg

▲ミニレイアウト御用達と言いながら、こういうだだっ広い所をトコトコ走らせるのが似合っているかも。

実車については、参考資料とした『国鉄レールバス その生涯』(ネコ)に詳しいので、私がぐちゃぐちゃ書くより、興味ある方は一読して頂いた方がいいでしょう。この書籍には、形式図面もバッチリ載っているというか、運転台や床下の無茶苦茶詳細な図面まであって、こんなところまでモデリングしなあかんのか状態でしたが、そこはそれ、適当にデフォルメさせて頂きました。まあ、キハ01/02/03について一言で言えば、国鉄がわざわざこんなクルマまで開発する必要があったのかって感じで、結局、活躍期間は10年保たなかったという悲劇のクルマでございますだ。

K03-3.jpg

▲キハ04と並んでみました。レールバスってマジすげぇちっちゃいです。車幅はそれなりにあるのですが、屋根がえれぇ低いんですよね。このため、Auran製の乗客キャラを立たせて乗せると屋根から頭が飛び出してしまうという、いや本当。

取り敢えずは、このキハ03がほぼ出来上がっています。キハ02は03と似たようなものだからパスして、ついでにキハ01を作るかどうかってところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/07

drivercharacters

drivers.jpg

▲せっかくなので、運転士(drivercharacters)の紹介。向かって左から、Keikoさん、そのlowres(座り)、Reikoさんの順。特にプロトタイプというか、どこの鉄道会社の制服というものではないです。先輩である Mikaさんが白っぽい服を着ているので、紺と薄茶にしてみました。薄茶の方は夏服って感じかも。手つきが怪しかったり帽子が変だったりしますが、まあ、こんなもんでしょう。一応、鉄□む○めを意識してみましたが、とてもじゃないが、あんな風にうまくは出来ませんです。

台車FS3とKD83は手直ししたのをscreenshotzの方に載せておいきました。

Auranの鯖は相変わらず混乱中。休み中に溜まっている作品をみなさんドバっとアップしてくるせいかどうか分かりませんが、くそ重いのなんのって。1人で何十個もアップしてくる人もいるようで、そりゃ鯖も大変だわ。そんなわけで、このdrivercharactersや市電や台車やらは様子をみながら少しずつアップロードしてくことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/06

KINTETSU

Auranの休みはもう明けている筈ですが、予想通りサーバーはトラぶっているようで、市電ほかの公開はちと先になりそうです。

kin4.jpg

▲近鉄車輌製作中(違)……いや違わないけど、これNゲージですので念為。製作中というか製作途中で放り出してあります、3年ほどか前から、この状態のまま(^^; GMのキットなんだけど、サニーカーやらスナックカーやらのコンパチキットで、コンパチが故に、何を作るにせよどこかを切ったり貼ったりしなくてはならなくて、作るの大変かも。マニュアルには"近鉄沿線に住んでいる人以外は手を出すな"と書いてあったりする……いや本当にそう書いてある。沿線に住まないといけないってことはないだろうけど、それだけ頻繁に実車を"観察"する必要があるってことですにゃ。

kin3.jpg

▲こいつがTOMIXの30000系でし。TOMIXもこの特急車しか出していなくて、通勤車がないのよねぇ。特急型をリリースするなら一般型も用意しろ、というのを実践すべく、GMのキットで左手の通勤型をわざわざ作りましたよ、何系か知らないけど(^^; こいつはちゃんと完成していて走りますだ。

kin2.jpg

▲何かの台車。これも近鉄のだよん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/03

KD83A

そうか、今年はトラ年か……ま、いいか。新年1発目はこれです:

KD83.jpg

▲近鉄特急用の台車。取り敢えず作ってみたって感じ? この他にも、パンタグラフや床下機器や連結器や屋根上やクーラーや運転台や幌やら調べないといけないことは山ほどありますので、まあ、すぐには出来ませんわね。キハ181は4形式でなんやかんやと3ヶ月以上掛かっていますし。ボギーは作っていて楽しいですが、床下や連結器は面倒なだけですので難儀です……いやまあ、連結器で萌える方もいらっしゃるでしょうけど(^^;

FS3.jpg

▲FS3:えらく古い台車ですが、こっちは言迷ということにしておきましょう(^^;

あと、Drivercharacterのちゃんとした人とか……タイトルバナーの右上におるのが、そうです。名前は、知る人ぞ知る啓子さんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/01

謹賀新年

nengaweb10.jpg

絵は差し替えてあるけどデザインが去年と同じなのは秘密だ。今年もよろしくかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »