« 自作ビルボード | トップページ | TGV発見 »

2010/03/03

ジェンカ

P.S. TrainzでE2系、0系、200系新幹線を作っている人がいるぞい。Shinkansenは海外でも人気ですね。

hyosiki10.jpg

▲標識類が色々増えました。ここに写っている物だけで10種類ほどあります。これで、ちっとは日本っぽい風景に近づいたでせうか。

せっかくなので道路標識薀蓄:標識の大きさや高さは法令で決まっていまして、実際の状況は千差万別と思いきや、街を観察しながら歩くと一応法令通りになっていることが分かります。問題は標識の取り付け位置や組み合わせ、あり得ないモノを作っても仕方ないので、これについてはしっかり観察する必要があります……例えばですね、時速50km制限の標識は50km/h(以上!)で走っている自動車に対して目立たないといけませんので、道路の真ん中頭上に片持ち式で通常の1.6倍の大きさになっています。これに対して、駐車禁止は、車を止めようと速度を落として路肩に近づいた人に対する警告ですので、歩道際に標準か2/3サイズで標識していることが多いです。この辺は頭の中だけで処理しても諒解できるところですね。

標識自体は「交通の教則」を原本としましたが、補助標識や方面方向案内に書く文字は独特の書体なので、ちゃんとそれ用のフォントを使用しています。世の中、探せばあるもので、標識に用いるフォントを作成されている人がいるのですよ。ちなみに、国鉄フォントも独特の書体ですが、これもネット上にいくつか見つけることが出来ます。

kouji1.jpg

▲こちらは、工事現場セット。いずれもVRMにも収録されているアイテムですが、実際よく見掛ける物なので作ってみました。それぞれ英語でいうと、"cone"、"cones and bar"、"A-frame barricade"、"Safty fence"です。

spline1.jpg

▲で、本題:コーンをスプライン化してみました。スプラインの特性として、物体の形状が若干伸び縮みします。壁やフェンスなど平らな物では問題ないですが、コーンの用に丸い物体は拉げたようになってちと拙いかもです(^^;

TS2009では既存のAssetを簡単にスプライン化することが出来ます。やり方は config.txtを一発書くだけ。中身は、そのconfig.txt(とサムネイル)だけで、メッシュやテクスチャは必要ありません(既存のAssetのものを使うので)。まあ、そのconfig.txtがややこしいんですけどね。書き方はマニュアルには載っていなくて、Wikiにあります。

spline2.jpg

▲既存のAsset(Mesh)はなんでもスプライン化出来ると思いますが、元のAssetは予めスプラインを意識して作っておく必要があります。スプラインは原点からマイナスY方向に伸びていきますので、図のように、物体の長手方向をY軸に合わせ、プラス方向の端を原点に一致させます。車輌などもそうなんですが、3Dモデルを作る時、長手方向をY軸に合わせるクセを付けておいた方がいいでしょう。

spline3.jpg

▲というわけで、女子校生の大群(゚o゚)ノ

|

« 自作ビルボード | トップページ | TGV発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/47710871

この記事へのトラックバック一覧です: ジェンカ:

« 自作ビルボード | トップページ | TGV発見 »