« 超量産型ビル | トップページ | ジェンカ »

2010/03/01

自作ビルボード

rd300.jpg

▲勢い余って転けてしまいました……は、おいといて

rd301.jpg

▲この週末はこういうのを作っていました。方面と方向の案内板ってやつですかね。なお、地名は馴染みのものを並べただけで、実際こういう標識があるかどうかは不明です……したら、VRMでも「自作ビルボード」の製作が可能になったとのアナウンスがあり、ちょっとビックラです。VRMでもこういう看板が自分で作れるってことですかね。

以前書いたと思うけど、こういう看板やポスターなどは凝ればいくらでも凝ることが出来るわけです。だがしかし、画像の解像度を高くすると悪戯にファイルサイズを増やすだけですから、必要最小限に留めることです。上記の案内板だと、文字がギリギリ読める程度、128x128のサイズで作りました。実際、この標識は遠くから見て文字が読めればいいのであって、間近でシゲシゲと見つめることはない筈ですから、解像度を上げるのは無駄というものです。また、レイアウト上で、何か標識が立っているなぁという雰囲気が出ればいいし、下手に凝ったものを作ると、周りの景色に対してそいつだけ浮いてしまうという結果にもなりますね。さらに言うと、解像度を下げると文字がグタグタのガタガタになりますが、それを逆手に取る方法があります。即ち、実際の看板では文字が擦れていたり汚れていたりするわけで、それを解像度の低さによるグタグタのガタガタで表現するというテクニックですな。以上については、VRMの「自作ビルボード」のも言えますのでご留意を……というか、皆さん、どんな「無駄に凝った」看板を作るのかが楽しみでありますが(^^;

Trainzでオリジナルな看板を作るには、自分でAssetを製作する他に、既存のAssetにNameを付けることが出来ます。駅名板や駅舎のAssetを見てもらうと、要所に"name"とか書いてあるのがあって、これをユーザーがSurveyor上で入力・変更することができます。制約はいくつかあって、入力できるのは英数字だけで日本語(2byte文字)は不可、文字のフォン、大きさ、色はconfig.txt上で設定されます。何より、文字フォントをAsset上に無理矢理貼り付けたような感じになりまして、非常に違和感があるのは否めないところです。文字でなく絵の場合は、既存Assetのテクスチャファイルを無理矢理差し替えるしかなく、ちと高等テクニックの部類になります。VRMの「自作ビルボード」が具体的にどんなのか分かりませんが、任意の画像をレイアウタ上で簡単設定できるなら、かなり画期的なシステムだと言えるでしょう。

rd301.jpg

▲標識の裏側も手抜きなくそれなりに。横桁の根元部分にあるダンパーも再現してみました。

重要な追記:今気付いたのだけど、『転ける(こける)』って大阪弁? 辞書に載っていないし、漢字変換もされないぞよ。

|

« 超量産型ビル | トップページ | ジェンカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/47698455

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ビルボード:

« 超量産型ビル | トップページ | ジェンカ »