« trokko | トップページ | 竹垣に竹立て掛けたら皆転けた »

2010/04/01

京阪神急行電鉄

で、阪急って鉄道会社自身については、あんまり知られていないんですかねぇ。日本にはこんなクルマもあったんかって印象かも。世界に通用する日本車というと……forumを見ていると、意外なクルマが知られていたりして面白いですな。そんなこんなで、ここでは日本人向けの阪急蘊蓄:

H28_01.jpg

阪急京都線の特急と言えば、このダブルのヘッドマークですね。阪急車輌全般の特徴の1つに先頭車 両パンってのがあります。2300系や2800系のMc車がそうですが、2800系ではなんとTc車も両パンだったんですよねぇ。トレーラーから集電して配線で動力車に給電していた感じ。もちろん、技術的な理由があるのですが、なんともマニア向けの仕様でありましたですわ。Tc両パンだったのは竣工からわずかの期間だったらしいのですが、モデルでは無理矢理パンタを背負わせています。さらに、中間に入るTo車では、パンタの撤去跡が残っているという、これまた無理矢理設定になっていますかも。ちなみに、近鉄30000系ビスタカーが好きなのも先頭車 両パンだからかも。

H28_02.jpg

車内:クロスシートの安っぽいビニール製の白い枕カバーが泣かせますなぁ。また、転換クロスではありますが、手で背もたれをバタンと倒して転換する方式でした。家族で乗った時などは4人分の座席を確保するため、背もたれバタンバタン合戦が熾烈を極めたものでした。

H28_04.jpg

忘れてならないのは、この補助席ですな。特急車にこういうのが付いているのがなんとも言えないところです。モデルではもちろんこれを再現してあります。もっとも、転換シートも補助席も、さすがに動作はしませんです(Trainzにそういうギミックはない……と思う)。

H28_03.jpg

時代設定は1970年と書きましたが、1970年という年で重要な事実を失念していました……そう、EXPO'70 大阪万博ですね。当時、京都に住んでいたのですが、阪急に乗って高槻だか茨木からバスかなんかで万博会場まで行ったわけです。そんなわけで、車内の広告にはEXPO'70をフィーチャーしてみました。それに加えて、ネタとして"Made with Blender"のロゴも使わせて頂いておりますだ。

|

« trokko | トップページ | 竹垣に竹立て掛けたら皆転けた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/47967550

この記事へのトラックバック一覧です: 京阪神急行電鉄:

« trokko | トップページ | 竹垣に竹立て掛けたら皆転けた »