« Vista最終調整中 | トップページ | 製作中の車輌 »

2010/05/21

Vista最最終調整中

vista111.jpg

▲これはアリがちな構図。近鉄特急のライト関係はちょっと変わっていて、オデコのライトはどうやら夜だけ点灯するっぽいです。一方、ケーシングに入っているライトのうち、内側の丸いのは見た目赤いですが、小さな四角いライトが2つ仕込まれていて、赤い丸いのと白い四角いのとが切り替わるようになっています。つまり、昼間はオデコライトは消えていて、ケーシング内のライトが左右2個ずつ点くって感じですね。TS2009では夜と昼で前照灯を切り替えるのは無理っぽいので、写真のようになりました。また、テールライトも進行方向によって点灯/消灯を切り替えるのは無理っぽいので光りっぱなしです。普通に赤いテクスチャにすればいいのに、光って見えるのは作者の趣味です(これは阪急など他の車輌も同様)。

vista112.jpg

▲近鉄オレンジはこういう緑の中が似合うと思う図。現実世界では遠目にも一発で『あ、近鉄特急だ!』と分かるほど目立ちますよね。手持ちにロクなレイアウトがなかったので、いい加減な絵になってしまいました。

vista113.jpg

▲あまり似ていない横顔。全体をスムージングするとグチャグチャになるので適当に非連続面を入れてあるのですが、まだ、鉄板ボコボコって感じですね。光線の当たり方によっても陰の出来方は変わってくるんで、まあ、こんなもんでしょう。運転台直後の窓は車販準備室で、すりガラスになっています。モデルではちゃんと半透明になっていて、中にある弁当っぽい物体が少し透けて見えておりますだ。

vista114.jpg

▲屋根上:床下機器が基本的に直方体にテクスチャを貼っただけなのに対して、屋根上機器は3Dでゴタゴタと造型してあります。思うに、Nゲージなどの模型では、物理的な視点の制限から、どうしても見下ろし構図が多くなるので、自ずと屋根上が目立つことになりますね。が、バーチャル鉄道では視点は自由なので、床下も屋根上も同程度のディテールで造型すべきなんでしょう。ま、作っているうちになんとなく屋根上をゴタゴタさせてしまうって感じなんですが。なお、パンタは折りたたみ状態ですが、この下交叉パンタがまた似ていないんだよなぁ(^^;

阪急の場合、Fleetという感じで特急から普通車まで作ったのですが、近鉄の場合、以前ぼやいた通り、あまりに車種が多すぎて手に余るので普通車はパスですだ。阪急と同じ標準軌1500VDCなので一緒に走ってもらおうという魂胆かも(ぉぃ。30000系と似たところで、12600系とか12400系とかありますが、これはスナックカーやサニーカーというより、30000系の増結用という立場かもです。30000系4連に、12x00系のMcとTc2両を繋いで6連で運用、いうのがよくありました。ただし、30000系と12x00系だと窓や扉の配置が微妙に違いますね。窓配置が違うということは、shadowを作り直さないといけないということで、これは手間が掛かる上に億劫なので、さてどうしたものかってところです。なお、VistaEXは絶対パス。カラーリングの違いだけでなく、窓の配置が全然違っているわけですが、まあ、同じ車輌をよくもあそこまで格好悪くできるもだという醜悪なデザインですからねぇ。

|

« Vista最終調整中 | トップページ | 製作中の車輌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/48413605

この記事へのトラックバック一覧です: Vista最最終調整中:

« Vista最終調整中 | トップページ | 製作中の車輌 »