« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/30

一畑2100 ディティール写真

ディティール>ミススペルではありません。相変わらずアチラさんはナマっているもんで:-)

というわけで一畑電車です。まず特記すべきは、このスマートなクルマはなんと 1964年生まれなんですよね。今でも全然新鮮さを失わないデザインです。というかですね、最近の車輌は同じ図面を使いまわした全く味気のないものばかりで、モデル化する気もおこらん、というのが実情ですじゃ。例によって大きな写真は forumか Screenshotzにて。

1bata11.jpg

▲一畑のコーポレイトカラーって赤と黒なのかな、でも、電車は黄色いけど。そのカラーリングですが、黄色は広島色と同じとみました。黄色というのは微妙で、生写真でも撮影条件によって微妙にオレンジっぽくなったりレモン色になったりします。コンピュータ上ではビデオカードやモニタの違いによりそれがより顕著になります(ちゃんとキャリブレーションしている人は少ないでしょうし)。さらに、Trainz上でも条件によって色調が変化します。即ち、午前中は赤っぽく午後は青っぽくなりますね。ここに掲載した写真だけ見ても黄色が微妙に違っているのが分かると思います。一方、ドアの青い部分は、ずばりキハ120関西線色とみました。即ち、限りなく紺に近い紫ですね。で、このドアの部分だけ色が違っているというデザインは個人的には好きかもね。

1bata13.jpg

▲一言スマートと言ってしまえばそれだけですが、実はこのクルマ、顔が小さいのです。先頭部分の屋根に微妙なスラントが付いている分、前面が小さくなっています。これは近鉄特急もそうなんですよね。つまり、彼女らは子顔のまさしく八頭身美人というわけなのです。

1bata12.jpg

▲元京王のクルマですが、各車に譲渡された時点でいろいろ改造されて、各社様々なバリエーションがあります。一畑車の特徴は屋上にズラリと並ぶクーラーとベンチレータでしょうか。ベンチレータは片側だけにボコボコっと並んでいます。また、ヒューズボックスがクーラーに挟まれた変な場所にあったりもするのですが、その辺をグチャグチャっとモデリングしましただ。なお、車内については、水間も一畑も似たようなもので特筆する点はないと思うので省略。

ここで参考資料を紹介しておきましょう。『鉄道ピクトリアル』1993年5月号(No,575)がそれです。こいつに、伊予鉄710系の図面が載っていたのですわ。つまり、同じ京王5000系をルーツとする車輌なので大いに参考にしました。また、この号の特集は『地方私鉄の近代化』ということで、譲渡車についていろいろ書いてあります。水間鉄道などの東急7000系もシッカリ載っています。モデリング資料としてだけでなく、純粋に雑誌として大変読み応えのあるものでした。

せっかくなので、というか、京王5000系が気に入りましたので、もう1つ伊予鉄でもモデル化しようと思っています。でもしかし、一畑を単純に改造するだけでは済まないわけです。まず、ボギーが違う。しかも、伊予鉄は710/720/760と3系統あるのですが3種類とも履いている台車が違うというトンでもなさ。新たにボギーを3つも作らなあかん。そして、一番の問題は一畑は車幅2800mmですが、伊予鉄は2700mmの狭胴車なのね(京王時代から2種類あった)。その分、顔付きが変わってきて、別人に見えるかどうか楽しみなところもあるんですが。

iyobus.jpg

▲というわけでオマケが先に出来てしまいました(登録済)。伊予鉄は、この徹底した蜜柑色がいいよねぇ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/24

一畑2100、オマケ付き

bata01.jpg

▲試運転中の一畑電車。こういう緑の中が似合うクルマだと期待かも。forumで実車のビデオが紹介されていて、それがなかなかいい感じだったのが製作動機だったりするわけですが。

bata02.jpg

▲オマケは既に出来ているかも。正真正銘のオマケですな。

bata03.jpg

▲オマケのオマケ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれ日本

1bata0010.jpg

▲forumの方で既出ですが、一畑はこんな風に進行中です。色が派手なのは位置合わせの為。これ以前の製作中画面もあるのですが、家に置いてきちゃったので今週の絵はこれだけかも(^^;

forumでは、アカウントがないと見れない場所ですが、このスレッドに掲載しています。日本ファンというかオタクな方が結構ぼちぼちと出現されたりするのでビックリしたりしますかもlol。

P.S.forumの方でいきなり多くの反応があってビックラしたかも。一畑って海外でも知られているほど人気があるのか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/17

Mizuma Class7000

MZ000.jpg

▲水間鉄道7000系できています。たまにはこういう無垢なステンレス車もいいかも。絵に描いたような大仰なそれではなく、現実的なローカルシーンにピッタリかもです。

MZ7103.jpg

▲元々の東急顔の編成{7103+7003}。三ツ折切妻だそうなので、その様に作ってあります。貫通扉はありますが幌はなく、完全に2両固定で運用されています。4両とかに増結すると駅のホームからはみ出しまくるし。ラッシュ時でも増結なしの2両編成、しかも単線ですから、運転ヘッドは朝昼晩変わらないというマイペース(?)さです(貝塚-水間間は約20分掛かり、2編成が行ったり来たりですから、運転ヘッドもそれと同じとなりますね)。

MZ7051.jpg

▲中間車改造の切妻顔{7151+7051}。こっちの方がいかにも地鉄って感じかも。前面に赤とか青のラインをいれると他の地鉄車輌になったりするっぽい雰囲気です。水間の場合、特にコーポレイトカラーというものはないようで、車輌によっては適当なラインが入っていたり、全面広告だったりしました。モデルでは特に装飾は入れずステンレス地そのままにしました。その方が使い回しが効くだろうし、まあ、面倒だったりもしましたが。

編成についてはWEBを見るとロ虚を書いているサイトもあったりするのですが、自分が見たまま乗ったままの編成を再現してあります。{7103+7003}は、両方とも貫通扉ありのオリジナル顔で、{7103}が水間側、パンタは貝塚側の{7003}が持っています。一方、{7151+7051}および{7152+7052}は、両方とも貫通扉なしの元中間車で、{7151}{7152}が水間側、パンタは貝塚側の{7051}{7052}が持っています。

MZ7000_2.jpg

▲ちょこっとだけアップ。車体表記はほんといい加減な感じです。出口・入口の表記はまるで紙に書いてあるようですし、車番もステンレスの板に書いて貼り付けた感じです(TS2009ではAlphaNumberという形で綺麗に表記されますが)。一番の見所は行き先表示。一応、オデコの部分に「水間-貝塚」と書いているのですが、それじゃどっち行きか分からん(というか路線は水間-貝塚しかないし)ということで、運転台のところに「水間行」とか「貝塚行」とか書いたボードが置いてあります。これがまた、一応活字ですが手書きの雰囲気でなかなか乙なものです。なお、先の画像で「貝塚行」の表示板が傾いていますが、これは実車のモノがそのように傾いていたので、それをそのまま再現してみました。あと、一応はワンマン対応なのですが、私が乗った時は、駅に着くと運転士がホームに降りて切符を回収していました。ほんと泣けてくるような田舎の風景でしたよ。

で、本題:唯一の車体広告というかお遊びとして、「水茄子」のロゴを入れてみました。泉州名物「水茄子」ですよ。確かに旨いのですが、高が茄子なのになんでこんなに、というほど高かったりします。また、水間名物として「村雨」がありますね。小豆系のお菓子ですが、甘さ控えめでなかなか美味しいので、水間寺参拝の折にはぜひお買い求めください。水間駅から水間寺に行く道すがら売っていますが、このお店がまた昔ながらの重厚な建物だったりします。

sinobu.jpg

▲今週のおまけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/16

ブラスター・オン!

minden1.jpg

▲取り敢えず一畑用の台車ができたかも(FS510)。変な台車とか書いたけど、これもミンデン方式ですね。

minden2.jpg

▲阪急の履いているFS345が正味のミンデン方式です。軸箱の両側から板バネがズバンと前後に伸びているのが特徴ですね。この為、台車サイズが前後に長くなるのが欠点だとか。確かに、ドデカい台車ですだ。

この欠点を解消したのが片ミンデンor住友ミンデン方式で、板バネは内側のみとして、その代わり2枚になっています。これが最初に紹介したFS510なわけです。それでもホイールベースが2250mmもあるんだけどさ。まあ、変というより変わっているなと思ったけど、帰りの京阪も同じタイプの台車を履いていたので、そう珍しいものでもないのかも(^^;

PT71.jpg

▲おまけのPT71。ちと、シングルアームなパンタグラフを作ってみたかも。取り敢えずは汎用で私鉄の多くが採用しているタイプだそうです。モデルは自分で撮った近鉄の屋根上写真を参考にしましただ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/15

梅小路再び

6月12日なぜか梅小路に再び……今回も安い方のカメラで、蒸機の動きを観察することがメインでしたので大した写真はありませんが。

ume612_11.jpg

▲C57くんはここまで復活。ボイラーは綺麗になっていましたが、他はグタグタで汚いです。これから整備・塗装ってところでしょうか。

ume612_12.jpg

▲なぞのDE10。機関車館を見回したところ、C56ポニーちゃんがいない。帰ってから調べてみると、どうやら"やまぐち号"をやりに出張中らしい。で、この嵯峨野色DE10 1156が向日町までエスコートを勤めたそうです。ちなみに、この人自身はトロッコ列車用ですが予備機で梅小路所属らしいです。

ume612_13.jpg

▲本命のD51200、写り悪いですけど。せっかく給水塔を背負っているのに切れているのは、空を入れると絞りがそっちに合って機関車自身が真っ黒になってしまうから。安いカメラのオートフォーカスを使う場合、また、資料用に車輌のディテールを撮りたい場合は、空をなるべく入れないような構図にしています。

ume612_14.jpg

▲スチーム号として走行中のD51200。そんなわけで下手に撮るとこんな風に真っ黒になってしまうわけです。構図も変だけど、それにしても後ろの221系が邪魔でしょうがなかったかも。

ume612_15.jpg

▲おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/10

影の主役

しばらくぶりにボギーをまとめて作ってみました。

bog0601.jpg

▲S-DT57:"S"が付いておる通り、四国1000系の台車ですな。軸箱支持に積層ゴムを、しかもせん断方向に使っています。まあ、静かなのは確かなんだろうけど、乗り心地は如何なものか? ちゅうか、四国1000系は乗ったことあるけど、乗り心地の印象は残っていないなぁ……印象に残らないくらい静かで揺れも少なかったってことか。

bog0602.jpg

▲KD232:近畿車輛製なんだけど、近鉄のじゃないです。やはり、軸箱支持が積層ゴムですな。車体支持は、こいつだけ上揺れ枕式(インダイレクトマウント)ちゅうやつです(他はボルスタレス)。

bog0603.jpg

▲C-DT60:"C"はJR東海のことらしくて、キハ75みえちゃんの台車です。軸箱支持はコイルバネにカバーが掛かっているのかと思ったら、これも積層ゴムだそうです。みえちゃんも乗りましたが、物凄いスピードでぶっ飛ばしてエンジン音が五月蝿かったのだけが印象に残っていますね。

bog0604.jpg

▲DT58/59:似たようなタイプでJR東日本謹製。フレームの中央が垂れ下がっているのが特徴とか。58と59とではホイールベースが違うだけです。

ちなみに、一畑電車の台車(FS-510)は、これまた変な構造をしているのですが、取り敢えず台車だけでも作るかなってところです。あと、パンタグラフとかも作らなあかんし、いろいろグチャグチャですわ。

MZ7000_1.jpg

▲開発中の車輌:ステンレスの質感としてはこんなものか? コルゲートはテクスチャとNormal mapで表現しましたが、見る角度によっては実態が平板であることが分かってしまうので、如何しようかってところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/08

魅惑の水間鉄道

なんだか、一畑電車を作ってくれというリクエストがあったりしまして、元京王5000系のやつなんだけど、確かにこのクルマ格好いいね、パノラミックだし。配色(黄色)も日本のローカルシーンに合いそうだし。京王か……相模原におった時、秋葉原に行くのによく利用したけど、ふうむ。

それはさておき、地鉄ということで、思いっきり地元のこいつを紹介しておきましょう。というか昔(2004年)に取材したのですが、blogではっきり紹介していなかったものです。数年前の写真ですので、今は違っているかも知れませんが、今でも取材に行く価値のある魅力的な路線かもです。

MZ001.jpg

▲貝塚駅:これがまたVRMの"地上駅舎B"にそっくりというか、そのものと言っていい典型的な地方鉄道の地平駅なのです。始発駅なので行き止まりの1面2線で、カーブミラーが地方駅って感じでいいよね。TS2009で作ったカーブミラーは実はこいつをモデルにしておるのです。

車輌は知る人ぞ知る東急7000系の払い下げです。今はちと改造されましたが、以前は東急時代の面影を強く残していました。先日のTS-701台車はこいつが履いているわけです。まあ、ステンレスの銀一色のクルマなんで、見た目に萌え要素はないかもですが、じっくり見ると結構趣はあるかもです。

MZ002.jpg

▲沿線風景:電化されていますが単線ですよ。電化で単線というのも珍しいかも。もちろん、途中に交換駅もあります。その路線が街中のゴチャゴチャとしたところを通り抜けていきます。家の軒が線路脇すぐにまで迫っているって感じ。ただし、縫うように走るってわけじゃなくて、路線そのものはほとんど直線だったりします。また、沿線の後半は田舎の中途半端な田園風景となります。こういう風景をVRMレイアウトで作りたかったのですが未完ですわ。架線柱が単線用ながら両持ちというか門型していますが、VRMにはこういうタイプなかったよね。あと、棒駅とか踏切・信号機・各種標識など研究対象はいろいろあります。

MZ003.jpg

▲そんなこんなで終着水間駅。これがまた泣けてきそうなほど典型的なローカル終着駅です。VRMレイアウトでは、何度もこの駅を参考・再現しましたが、気付いた人はおらんだろうな。

MZ004.jpg

▲水間駅内。電車庫があったりしますが、それより左手の言迷の保存車輌の方が気になりますね。はい、これは本当に言迷なのですよ。取材してTrainzでモデル化してみますか? それともこういう保存車輌がある駅をVRMレイアウトで再現してみますか?(^^; そうそう、TS2009で"ゴミ箱"を作りましたが、その中の1つはこの駅にあったものをプロトタイプにしています。ほんと、ネタがいろいろある路線です。

MZ005.jpg

▲さて、これが必殺水間駅舎、すごい建物でしょ? これはTS2009でぜひモデル化したいところですが、いろいろ難しそうですね。ちなみに、駅の構造としては、ホーム面がそのまま駅舎内の床、さらに外の道路と同一平面につながったバリアフリーになっていますが、こういった点も典型的なローカル駅ではよくある例ですね。そういう構造の駅もVRMでよく作りました。

MZ006.jpg

▲水間寺。水間鉄道はもちろんこのお寺にお参りするために敷設された路線なわけです。手前の太鼓橋はTS2009でモデル化しましたね。それとなんといっても五重塔があるわけです。これもモデル化したいところですが、全体像が写った写真が行方不明だったりします(^^;

MZ007.jpg

▲おまけのラピート:物凄いスピードで通過していきますので、安物のカメラではとてもじゃないけど捕らえ切れません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/06/04

研究中の何か

TS701-2.jpg

▲もう1つおまけというか来週の本題か? 久しぶりの新作台車ですが、これ、すごいよね。ディスクブレーキ剥き出しというか、初めて見た時はナンダコレって感じだったかも。肝心のブレーキシューがちょっといい加減ですが。あと、ダンパー(明灰色の棒)の一方は本体側に固定されるので、この部分は別Meshとして、車体側にアタッチすべきってワケですかね。

TS701-1.jpg

▲こいつの上に乗る車輌の製作予定は未定。というか、車輌製作は一段落ってところで、次作に取り掛かる前に、ボギーとかパンタとかの機能部品をゴソゴソと作らないとあかんなってところです。それと、これもTrainzではボギーに分類される"何か"のロッドの動きを研究中ですだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/03

地鉄

titetu1.jpg

▲今週のおまけ:どこかの私鉄に似ていますが、それは気の精で、車体は完全フリーランスですっていうか、阪急を短尺化改造したものですね。むしろ、ノリはこいつです。昔、RMに製作記事が載っていて自分でもちこっと自作したりしました(以前キハポストに載せていたかも)。地方私鉄というものが気に入っていた時期もありましただ。

そんなこんなで、模型の世界のフリー製作をそのままTrainzに持ち込んだ感じで、気分転換というか、たまにはいいでしょう。フリーだと、図面寸法に捉われないので、とにかく楽。と言っても一応現実にありそうな風には作ってあります。また、窓なんぞは等間隔に並べないと格好悪くなりますね……と言いつつ戸袋がないのにある日突然気付いて手直ししてみたり、いろいろです。で、塗装はなんとなく某私鉄に似せましたが、これは仮で、フリーならフリーらしく如何にも地鉄ってどんな感じかねぇっと思案中です。

titetu2.jpg

▲特急列車の引き立て役に普通車も必要、と以前書きましたが、こいつは、幹線途中の駅から別会社のローカル線が分岐しているってシチュエーション、よくある光景かもです。こういう引き立て役もアリかな?って寸法ですだ。

titetu3.jpg

※Trainz DLSの不具合と修復方法については、このスレッドを参照。「Auran Announcements」とか「DLS, FCT」とかは小まめにチェックしておいた方がいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/01

せっかくなのでいっぱいつないでみた

vista901.jpg

▲恒例のシリーズ(?)。中間車がズラズラっとすべてダブルデッカー。一応走りますがすごく重いです。というのは、ダブルデッカーは付随車で、動力は両端のMc車だけだからですね。試しにやってもらえれば分かりますが、2階建車単独では走れません。この辺は現実と同じく、当たり前と言えば当たり前で、阪急の付随車とかキサシ180とか貨車類についても同様に自走できないようになっています。まあ、バーチャル鉄道なので、グランドビスタカー(cM-T-T-T-T-Mc)とか、ダブルビスタカー(cM-T-T-Mc-cM-T-T-Mc)とかで自由に遊んで頂くのも一興かと。

vista902.jpg

▲こちらは、前パンならぬ全部パンタ。近鉄の特徴として林立するパンタがあると思いますが、そうでもないですか。ま、これも現実にはあり得ない光景ですな。

vista141.jpg
実験的に画像を半時計方向に3度回転させてあります。TS2009にはカントはありません。

▲サニー&ビスタ。近鉄シルバー(?)コンビの6連。

そんな感じで12600系も完成間近です。スナックカー12200系については、何しろ近鉄特急いちの大所帯なので、ビスタの増結にもこれがよく使われていた気がします。が、構成の変更(3連ユニット→4連化)や改造(なにしろお顔が変わっている)が多くて、なんだか分からないのでパスさせていただきますだ(^^; 一方、12600系は近鉄特急の完成形と言いますか、ウジャウジャと改造されていないので作りやすいというのはありました。また、編成美というか機能的というか合理的な構成になっていますね。即ち、落成当初から cM-T-M-Tc4両1ユニットで、客室扉5ヶ所、トイレ2ヶ所、車販基地1ヶ所が等間隔に配置されています。ビスタカーは2階建優先の設計なので、その辺ちょっと無理している箇所もある感じですね。画像は左コラムのScreenshotzにもぼちぼちと掲載していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »