« レイコン | トップページ | 醤油専用 »

2010/10/13

二ッ目重装備

79616-2.jpg

というわけで、79616を登録しました。画像は開発中のもので一部異なります。完成品の画像は forumの方に載せておきました。

さて、二ッ目重装備と言っても 79613、79615、79616、79618の4人いるんですよね。特徴は前照灯が2つあって給水温め器を背負っているわけですが、その他の装備はちょっとずつ違っていたりもします。参考にした書籍では、79616と 79618がごっちゃになっている気配もあったりしました。それと、鉄道車両は1台1台どこか違っているものだ、と先に書きましたが、同じ1台でも時代による違いもありますね。竣工当時はスッキリアッサリした姿なのに、その後グチャグチャと装備が追加・改造されて、何がなんだか分からなくなるみたいな。二ッ目も晩年そういう改造がなされたわけで、79616や 79618でも一ッ目でデフすらなかった時代もありました。モデルでは 79616をチョイスしましたが、特定の時代を完璧に再現というのは無理っぽかったので、そのカマの特徴を寄せ集めって感じで、製作者の独自解釈でやっておりますです。一応、特徴を書いておきますと……。

  • エアタンクは前方に移設されていたりするが、ランボードは2段のまま。ただし、その段差が 9633などと比べると微妙に違うかも。
  • 煙突にはクルクルパーが乗っています。これも色々タイプがありますが、梅小路に展示してあった旧タイプのものを再現しました(79616も装備していた時期があった)。どっちみちあまり格好いいものじゃないですね。なお、モデルでは内部のブレードがちゃんと回転しますが、普通は見えない所だわな。
  • 除煙板はあるけど、北海道なので例によって切り詰めタイプ。寒地仕様ってことで、旋回窓とかスノウプラウもあります(79618はスノウプラウ無しみたいなのよね)。スノウプラウと回転火の粉止めは、他でも使えるように、別にモデリングしてアタッチ。
  • 配管はグチャグチャと追加したけど、いまいちグチャグチャさが足りないような。本当は細い配管がもっとグチョグチョっとあるんだけど、さすがに省略。いや、太い配管でも見落としているものがあるかも(^^;
  • テンダーに重油タンク載っています。いやしかし、そういう事実はないようなんだけど、重装備ついでに、これについては100%趣味で追加してしまいましただ。

tasa-1.jpg

9600については週に1台生産ってわけでもなく、今週はタンク車を作っていました。タサ5700タキ3500ですだ。車種選定に特に意味はなく、タマタマ手元にあった雑誌に記事が載っていた程度の理由で、まあ、私有貨車云々に手を出すと底が知れなさそうなので適当に(^^; 問題はボギーの方で、TR-41なのですが、BとかCとかDとかの違いはともかく、同じ TR-41Bでも、スポーク車輪だったりボックス車輪だったりするわけです。しかも、1つの貨車の台車が一方はスポークでもう一方がボックスなんてのはザラで、なんと1つの台車の1軸がスポークでもう1軸がボックスなんてのもありますから、ビックリです。さすがに、そこまではやらないけど、TR-41として3つほどのバリエーションを作っておきました。

D50T-1.jpg

ついでに、言迷の台車も。

|

« レイコン | トップページ | 醤油専用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/49729060

この記事へのトラックバック一覧です: 二ッ目重装備:

« レイコン | トップページ | 醤油専用 »