« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/26

D52戦時型

D52146-1.jpg

▲D52という型式自身が戦時型なのですが、戦後、順次あるべき姿に改装されていきました。が、戦時中の姿を最後まで留めたままの機体もあり、その中の1つが D52146で、セノハチの補機として活躍したらしいです。炭庫やドームが戦時中で、デフは単なる板って感じですが、一応金属っぽいです。資料本によると、給水暖め器・精缶剤タンク・ランニングボードなどに特修工事の跡が見られるとありますので、その辺は元々なかったのか代用資材だったわけですな。テンダーは12-25でメカニカルストーカーは無しとしました。もちろん、木材と金属の材質感は明確に違えてありまする。まあ、本当の戦時型って、もっと悲惨な姿なのですが、その辺は後日。

D52142-1.jpg

▲こちらは 28号機の相棒、D52142。同じ吹田の罐なので似たようなものですが、集煙装置付きで、それ以外にも細部にちょこちょこと違いがあります。

D52142-S.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/19

D51499

D51499-01.jpg

▲某JRのパチモンではなく、正真正銘の 499号機ですだ。集煙装置も鷹取ではなく後藤式かも。実はこれの資料は早くから揃っていて、デゴイチ本体はもちろん、デフや集煙装置や精缶剤タンクまでバッチリ図面通りです。只今、細部艤装中。

D51499-02.jpg

▲さすがに有名機だけあって、あちこちの雑誌・書籍に写真が載っているのですが、時代(撮影年)によって装備が全然違うかも。スノウプラウなんぞは冬季のみの装備って感じなのですが、先輪がスポークだったりソリッドだったり、エプロンがあったりなかったり、デフの動輪マークも晩年は取り外されちゃったみたいですね。ま、その辺は作者の趣味で適当に解釈しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/11

D5228

まあ、正月といっても全然目出度くなく、本業の方がさっぱり仕事なくて、Trainzやっている場合じゃないって感じですわ。データ入力とか画像加工とか手っ取り早い仕事、何かないですかねぇ。Photoshopなんぞはご承知の通り使いまくっていますので大抵のことは出来ますが。

D52-1.jpg

▲一応 D52っぽいのは出来ています。先日のコンテナもこいつに牽かせるためという重貨物機ですな。蒸機としてはこれが大本命で、蒸機というとデゴイチよりデゴニって感じかも。個人的にはデゴニというとなぜか関西線を思い浮かべるのだけど、長大貨物を率いて東海道・山陽を爆走していたわけですね。ちなみに、モデルは吹田の28号機です。D52も D51ほどじゃなくけど、いろいろバリエーションがあるようで、この28号機の場合、図面にはある配管が実機にはなかったりとかして、さすがは戦時設計ってところですな。

あと、正真正銘の戦時型 D52とか集煙機付きとか、また、D51もリクエストがあるんで作ってみるかってところですが、モチベーションも上がらずダラダラという今日この頃ですだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »