« 長野なめくじ | トップページ | »

2011/02/22

苗穂ギースル

D51の変わり種、ギースルエジェクタは、オーストリアの Adolof Giesl Gieslingen博士の発明で、日本でも輸入・ライセンス生産されました。Gieslはドイツ語読みするとギーズルな気もしますが、ここでは慣例に基づいてギースルとしましょう。

D511119.jpg

▲初めて見た写真がそうであったせいか、個人的にはギースルにはカマボコドームという印象があるんですよね。で、実機にもちゃんとそういうカマがあって、D511119です。北海道の人で、ギースル=北海道という印象もあるのですが、たまたま苗穂・土崎・長野というところで改造されただけで、北海道だからギースルが有利というわけじゃないようです(ギースルの主なメリットは燃料節約)。

で、1119号機、苗穂工場の手になるもので、思いっきり北海道しています。即ち、切り詰めデフ・北海道式タブレットキャッチャー・精缶剤タンク撤去・独自の吊り輪・シールドビーム予備灯・空気分配弁カバーなどなど。まだ、D51に限らず北海道機のナンバープレートは字間が詰まっているのが特徴で、この D511119の場合、1が大量にあるせいもあって、文字数字合わせて7桁もあるのに関わらず幅の狭いプレート(660mm)になっています。なお、ドーム前手摺は戦時型ということもあって、本当は単純なものなのですが、せっかくなので苗穂式の扇形を搭載しておきました(梅小路の 9633も装備しているやつ)。テンダーは戦時型の 10-20型ですが、炭庫は改修済みで、前縁が切り取られたようになっているのが特徴です。あとですね、先輪・従輪がともにボックス車輪なのですが、これの理由は分からないです。

water.jpg

▲給水塔も作ってみた。スポートと分離したタイプなので、Nonfunctionalです。個人的には、うわぁ、梅小路だぁって感じ。某書籍に図面が載っていたりしたので、寸法はバッチリ正確。

そうそう、D51はデゴイチなんだけど、個人的にはデコイチと読んでいる自分に気が付きました。で、どうやら、デゴイチ、デコイチ、どちらもアリなようです。

|

« 長野なめくじ | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/50941327

この記事へのトラックバック一覧です: 苗穂ギースル:

« 長野なめくじ | トップページ | »