« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/26

おけいはん

K10kN.jpg

というわけで、掟破りの京阪10000系どす……いやなんとなく私鉄関係を作りたくなって、雑誌に特集記事と図面があったもんで。京阪というと個人的には利用頻度は低いんだけど、いろいろ印象深いシーンはありますどす。私が小学生の頃から複々線化されていて、急行だか特急だかに乗っていて各停と並走するというか追い抜いていくのが、子供心にとっては画期的って感じでしたかも。ちなみに、阪急の梅田-十三間も画期的だけど、あれは三複線じゃなくて複線が3つ並んでいるだけだからね。正味の複々線は京阪が最初なのかな? それと、各停が駅で急行待ちする時に、車内保温のため一旦ドアを閉めますってやるやつ。確かに冬場なんかは効果があるので、国鉄でも和泉府中で快速待ちする時にやって欲しいと強く思ったものでした。ドアを開けっ放しで5分くらい吹きさらしだと車内冷え冷えだったし。さらに掟破りの5ドア車とか(5000系)、これも日本初? ラッシュ対策なんだけど、普段は5ドアのうち3箇所だけしか開かないんで、お~い乗れねぇじゃんって感じ。

K10kTG.jpg

というわけで、10000系の元の姿。これが掟破りのターコイズグリーンかも。こいつを初めて見た時は、なんでこんな所に103系が?と思ったりして、いや、遠めにはそう見えたのよ。ターコイズとか言っているけど、実態は青と緑の丁度中間だそうです。ということは、シアンという色であって見た目には水色なんだけどね。ちなみに、現行色を初めて見た時もなかなか衝撃的だったかも。賛否はあるでしょうけど、印象に残る配色かもですね。なお、現行色の緑も微妙に青方向に寄った色合いかもです。そんな感じで、大手私鉄では京阪が一番カラフルじゃないかな? 一般用の緑系、優等用の赤系、中ノ島用の濃紺、それに旧色もまだまだ残っているみたいだし。そんな京阪もいろいろ作りたいんだけど、資料がねぇです。調べてみると、21世紀になってから新製されたのは、中ノ島用の3000系とこの10000系くらい? あとは、古い車輌ばかりのようで、雑誌のバックナンバーなんかでも、よほど古いのにお目に掛からないと載っていなかったりするわけどす。

ikamusume.jpg

調子にのって製作開始の何か。シートはやっぱ草色がいいよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/15

交博ふたたび

D5151-1.jpg

10月14日は鉄道の日、ってことで交博へ行ってきました。いつもは 400円も入場料をとるんだけど、鉄道の日なので無料だったわけ(梅小路も入場タダだったらしい)。今回の目的は TEC0形の取材で、ほぼオリジナルな姿で常設展示されているその実物が目当て。さらに、タイミングよく新幹線の企画展もやっていましただ(これは来年1月9日まで)。企画展の方は模型やパネル展示が主体なんだけど、実物より模型の方が参考になったりして(^^;

D5151-1.jpg

▲で、一番の収穫がこれ。博物館の説明パネルに堂々と「ネコ耳」って書いてあるんだから、公式な名称だと受け取っておこう(^^v 表記も、ネコとカタカナで書くのが公式なのだな、うむ。ちなみに、FASTECHは E954と E955の2種あって、両方のいいとこ取りしたのが E5形だと思っていたのだけど、それは違うらしい。E954が E5の原型で、E955は E6形の原型なのだそうです。それにしても、このイラスト、なんかかわいいなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/14

Articulated Train

Articulateは関節って意味があるらしい……というわけで、E331ですだ。基本的に連節車は好きなんですが、こいつは通勤車でそれを採用したという画期的(?)なクルマなので、こりゃ作るっきゃないでそ。もっとも、関節である必然性がどうもねぇ……。

D5151-1.jpg

▲連節台車。ちっこい空気バネが4つも付いているのがオシャレ。ダイレクトマウントなので車体と台車は空気バネを介して直接繋がっています。カーブではこれがよじれるのですが、空気バネはせん断方向にも対応できるので問題ないわけです。が、限度というものがあると思うし、これではせっかくの連節構造でも急カーブに強いってわけじゃなさそうです。京葉線には急カーブはそんなになかったと思うし。で、モノの本によると、連節にした理由は、台車の数を減らしてコストを下げるためだとか、はあ、そうですか。

D5151-1.jpg

▲7車体連節×2の堂々14両編成。これで、従来の10連と同等の編成長だとか。中間車は連結面間13.4mとすげぇ小さいです。で、その中間車の扉配置が非対称なのだけど、両端の扉はまあ対称で、真ん中のやつが車体中心からオフセットが付いておるのですな。従来の4扉車とドアの位置を合わせる為かと思いきや、これじゃ等間隔にもならず無茶苦茶ですなぁ。そんな感じのなんだかよく分からないクルマでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/07

[開発]東海道のあれを少しだけ公開

開発中の東海道車両からワイヤーフレームの写真を。

D5151-1.jpg

複雑な曲面形状、レタリング類を再現するために、リアルタイム用のポリゴンとしては、かなり贅沢な仕様になっています……というほどでもないか(^^;

ちゅうか、forumの方では思いっきり公開しとりますです。

追:「レタリング」ってあるけど、デカールで処理すれば本体のポリ数に関係しないと思うけど、使わない主義なのかな? デカールというのは、プラモデルでおなじみのあれで、3Dでもそういうのがあるんです。

追追:本家のやつはTEC800系だと思ったけど違ったかな? それと、真横からのショットだと思ったら、斜め前方からなのね(というわけで、こちらの画像も差し替えましただ)。

D5151-1.jpg

こういうのもあるぞん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »