« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/30

SKYLiNER AE

AE

▲というわけで、Keisei SKYLiNER AEです。この人、とにかく格好いいです。形状もいいし、カラーリングもいいし、両者がうまくマッチングしているんでしょうなぁ。無意味に生っ白いクルマが多い今日この頃において、この人の場合、白が生きているって感じです。ちなみにモデリングにおいて、白は 0系と同じく"ラメ"が入っていますが、禁断の完全無彩色です。紺は再現するのが難しいのですが……京成電鉄のサイトに行くと、バナーやアイコンに紺が使われていて、そいつの色相をそのまま頂きました。つまり、ページデザインにおいて、そのカラーは実車のものに合わせるに違いないと……たぶんこれで正解でしょう。問題は形状の方で、シンプルな曲線かと思いきや、エッジが立っている箇所が随所にあって、曲面と平面が微妙な感じです。なので、実車を完全に再現しきれていないですし、省略した箇所もあります。でかい写真は、forumとScreenshotzの方で。

実は、京成電鉄は全く馴染みがなくて、このAEさんもどこかで写真を見掛けて一目惚れしたって感じで、図面と資料を入手したんで造っちゃいましたかもです。京成電鉄って本当はすごい鉄道会社なのかも、知らずにすみません(^^; ついでだから、関東の私鉄について書いておきますと……東京・神奈川には何年かおったのですが、一番よく利用したのは東急、ついで京急・小田急・京王・相鉄あたりかな。で、敢えて馴染みのないベスト3を書くと……。

  • 京成:多分全く利用しなかったと思う。千葉方面へは仕事でも私用でも幕張に行く程度だったし。地下鉄・京急に乗り入れてくる車輌には乗ったはずですが、それも京成だという意識はなかったかも。都営三田あたりで電車を待っていると、一方に羽田空港行、もう一方に成田空港行が来るので、両者は直通しとるのか、さすが東京もんはちゃうなぁって感じ。
  • 東武:これも乗り入れ車輌以外は全く知らずに終わりました。なので何も書くことがないくらい。
  • 西武:埼玉方面も足が向かなかったなぁ。でも、まっ黄色でドアだけ銀色なデザインはかなり印象に残ったので、これは一度乗ってみなくてはという感じで、わざわざ乗りにいきましたよ。いや、それでどうだったというほどのものではないんですが(^^; ちなみに、秋葉原から当時住んでいた相模原(橋本)に帰る途中で、本来なら京王線で1本なんだけど、遠回りして、新宿-拝島-八王子-橋本って経路。拝島からはJRだけど、そういえばまだ気動車がおったなぁって頃です。

Trainzでは東急8000系は製作済。関東系をもう一発作ってみたいかもですが……さて。

12月18日追記:Skylinerって海外にも知名度が高くてすげぇ人気ありますにゃあ。作ったがビックリですよ。中には乗ったことあるって人も。もちろん、新幹線人気も衰えず、言える人は全形式言えるくらいですね。300系とかE3とかマイナー(?)のまで、ちゃんと知ってられますね。ま、そんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/24

TEC 0 series

TEC_yoko.jpg

▲そう言えば、新幹線について書いていなかったので、簡単に薀蓄。0系は、なにしろ生まれが1964年ですからね。最新の車輌と比べると古臭いテイスト満点かも。特徴ある屋上キセとスカートをはがしてしまえば、普通に屋根上にクーラーが乗っかっていて、普通に床下に機器がぶら下がっている普通の電車なんですよん(クーラーなど全ての機器を床下フレームの上に載せる構造は300系から)。運転席窓は平面ガラスだし、しかも側窓の一部が開く構造になっているかも。まあ、200km/h走行時に窓開けないとは思うけど。行き先案内も昔ながらの手差しのサボだし。風圧で飛んでいかないかと心配してしまふ。

▲ビデオもとったけど、ろくなルートがないので適当です。新幹線はグラウンドレベルを走らないし。

ついでに、Trainz関係の話題。新幹線が全世界的に人気があるのは言うまでもないのでおいといて、あとは、蒸機関係だけど、最近また銀河鉄道999の話題が出ています。これ、海外での方がコアなファンが多いんでないか? なんかしらんが、思い出したように定期的にフォーラムで話題になりますね。要は、Trainzで銀河鉄道を再現したいということなんだけど、まあ、簡単には出来ないんじゃないかなぁ。ファンの方はちょっと行って何か言ってあげた方がいいかもよ。

日本以外の定番の話題というと、Trainzで航空機を作りまくって空港まで再現してしまうとか。旅客機も車輌扱いにして空に透明レールをひけば、"運転"することが出来ますからね。さらに、ギアダウンなどのギミックまで組み込まれていという凝りよう。もっとすごいのが火星基地を作ってしまうとか。基地の建物とかムーンバスみたいな乗り物を自分で造っちゃう感じ。また、NYCの地下鉄再現というのも。Trainzでも地下駅とかは一応出来るみたい。かなり苦労されているようだけど。普通の鉄道では相変わらず米国のDLが強いですなぁ。最近はNEC(Northeast Corridor)とかも出来たんで高速鉄道も認知されつつあるみたいだけど。私としてはヨーロッパ関係の話題が少ないのがちと残念かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/21

住友ミンデン

久しぶりの台車特集。阪急とミンデンについては以前書いたけど、京阪や阪神も似たようなもんかな。ミンデンではなく住金って感じですが。

B_FS517.jp

FS517:京阪10000系の従台車。板バネが片側2枚あるのが住金方式かも。

B_KW77.jpg

KW77:その働台車。これだけなぜか川崎製かも。板バネの代わりにロッド(?)になっているけど、原理は同じ? あと、阪神も同じような感じです。

補完:こいつは軸梁式と呼ばれていて川重が先駆だそうです。一方、住金にも似たような方式があって、それはモノリンクと呼ばれているようです。また、京阪は元々川重派だったらしいですね。

B_FS558.jpg

FS558:こいつが京阪800系(開発予定品)。同じ京阪だから他のを流用……と思ったら、車輪径660mm? なに、そのちっこいのは?って感じで、それ用に作りました。

京阪800系は、初めて大津市内で見た時はすげぇ異様でしただ。16m級の電車が街の中をドドドと横切っていくし、交差点は平気で右左折するし、車体のはみ出し大丈夫かって感じ。市電と違って高床でボギー剥き出しだから恐ろしかったかも。ちなみに、あの水色は大津市の光景に全然似合いません。大津も京都と同じく割りと古い町並みが残っていて、それに対して水色が浮きまくっていましただ。

b_ss164.jpg

SS164:なぜか名鉄の台車。名鉄も住友ミンデン系なのですね、知らなんだ。

名鉄は、forumでリクエストがあったりして、海外にコアなファンがいらっしゃるようです。私としては、あの真っ赤な車体を作ってみるのもアリかなって感じ。真っ赤といえば京急もそうですが、こちらも海外にファンがいらっしゃいますね。

B_DT200.jpg

DT200:知る人ぞ知る新幹線の台車。こいつが、正味ミンデンなのだよ(半分隠れとるけど、車軸から板バネが前後両方向に伸びている)。なお、交博に精巧な模型がありました。補:正確には IS式と呼ばれるミンデンドイツ式を改良したものです。

B_SSxxx.jpg

▲開発中の言迷の台車。さて、なんでしょうって、これだけじゃ分からんよな。このblogで一度も採り上げたことのない鉄道会社のものです。

mondai.jpg

▲正解はこちら。ブルーリボン賞おめげどう~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/15

阪神1000系

阪神1000系がやたら格好よく思える秋の夕暮れなので、でっかい画像を載せてみるかも。

Hanshin1280.jpg click to the original size:1280x768

Hanshin960.jpg click to the original size:1280x960

Hanshin_real.jpg

▲本物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/01

新塗色はロックのかほり

今の京阪がカラフルと書きましたが、阪神も昔と比べて随分と派手になりました。試しに尼崎駅をうろついてみましたが、昔ながらの青胴車がまだ残っている一方、新色の橙系、青系のツートーンカラーが主流ですね。それと山陽電鉄から乗り入れてくるクルマ、こいつはステンレスに赤帯だけど顔が厳ついので異彩を放っています。そして近鉄からは、マルーンとアーバン(灰/白)の2種類とも乗り入れてきます。一番目立っていたのは、この近鉄のマルーン/アーバン混色編成だったりして。

HS1.jpg

▲昔ながらの青胴車。ちなみに撮った写真はモデリング用のディテールばかりなので、まともなものはありませんです。

さて、本題:音楽のリズムでは、例えば4拍子では1拍目と3拍目を強調するというのが本来の姿ですが、ロックやジャズのオフビートでは、2拍目と4拍目に重きをおきます。リズム的には不安定になりますが、疾走感・躍動感を得ることが出来ます。この辺は、みなさんご承知の通り……。

HS2.jpg

▲こちらは現行色。

で……京阪も阪神もツートーンカラーなんだけど、昔のやつは、下半分が濃い色になっていますね。阪神は下半が紫紺や赤、京阪は緑の濃淡で下の方が濃いです。重力の関係から言って、下側が濃く重い色の方が安定感があります。つまり、1拍目を強調した古典的リズムだと言えます。これに対して現行色は上半分が濃い色になっています。上の方が重い色だと不安定感はありますが疾走感・躍動感を得ることが出来ます。そう、現行色はまさしくオフビート、ロックのリズムだと言えます。さらにいうと、阪神の上半はパステル調のオレンジや水色なので、ビートが弱いです。ロックというより、軽音楽っぽい色調です。これに対して、京阪は上半が濃い緑なので、しっかりビートが効いたハードロックだと言えるでしょう。

HS0.jpg

▲というわけで、阪神1000系@Trainzのファーストショット。こいつの色調は…………これは、どう見ても阪神タイガースだよなぁ。これが阪神電車なのか?はともかく、高層ビルにはよく似合うと思う。ニューヨーク(いやタイガースならデトロイトか)あたりを走らせて見たくなるかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »