« おけいはん | トップページ | 阪神1000系 »

2011/11/01

新塗色はロックのかほり

今の京阪がカラフルと書きましたが、阪神も昔と比べて随分と派手になりました。試しに尼崎駅をうろついてみましたが、昔ながらの青胴車がまだ残っている一方、新色の橙系、青系のツートーンカラーが主流ですね。それと山陽電鉄から乗り入れてくるクルマ、こいつはステンレスに赤帯だけど顔が厳ついので異彩を放っています。そして近鉄からは、マルーンとアーバン(灰/白)の2種類とも乗り入れてきます。一番目立っていたのは、この近鉄のマルーン/アーバン混色編成だったりして。

HS1.jpg

▲昔ながらの青胴車。ちなみに撮った写真はモデリング用のディテールばかりなので、まともなものはありませんです。

さて、本題:音楽のリズムでは、例えば4拍子では1拍目と3拍目を強調するというのが本来の姿ですが、ロックやジャズのオフビートでは、2拍目と4拍目に重きをおきます。リズム的には不安定になりますが、疾走感・躍動感を得ることが出来ます。この辺は、みなさんご承知の通り……。

HS2.jpg

▲こちらは現行色。

で……京阪も阪神もツートーンカラーなんだけど、昔のやつは、下半分が濃い色になっていますね。阪神は下半が紫紺や赤、京阪は緑の濃淡で下の方が濃いです。重力の関係から言って、下側が濃く重い色の方が安定感があります。つまり、1拍目を強調した古典的リズムだと言えます。これに対して現行色は上半分が濃い色になっています。上の方が重い色だと不安定感はありますが疾走感・躍動感を得ることが出来ます。そう、現行色はまさしくオフビート、ロックのリズムだと言えます。さらにいうと、阪神の上半はパステル調のオレンジや水色なので、ビートが弱いです。ロックというより、軽音楽っぽい色調です。これに対して、京阪は上半が濃い緑なので、しっかりビートが効いたハードロックだと言えるでしょう。

HS0.jpg

▲というわけで、阪神1000系@Trainzのファーストショット。こいつの色調は…………これは、どう見ても阪神タイガースだよなぁ。これが阪神電車なのか?はともかく、高層ビルにはよく似合うと思う。ニューヨーク(いやタイガースならデトロイトか)あたりを走らせて見たくなるかも。

|

« おけいはん | トップページ | 阪神1000系 »

コメント

メルボルンCityRailのミレニアムトレインも雰囲気的に近いカラーリングなのではないかと思うのですが如何でしょうか。

近鉄の「灰/白」ってシリーズ21の塗色のことですよね? 「アーバン」という呼び方もあるのですか? ググって出てくるのはアーバンライナーばかりだったのですが……。

投稿: as365n2 | 2011/11/05 20:03

as365n2さん、いらっしゃいませ。

>メルボルンCityRailの

その辺はforumで聞いて頂くのもいいかと...

>近鉄の「灰/白」ってシリーズ21の塗色のことですよね?

この辺は勢いで書いていますので、軽く流しておいてください(^^;

投稿: 啓明 | 2011/11/05 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/53138957

この記事へのトラックバック一覧です: 新塗色はロックのかほり:

« おけいはん | トップページ | 阪神1000系 »