« 103 | トップページ | 103いろいろ »

2012/05/09

101vs103

101系と103系はいろいろと違っているのですが:

101vs103.jpg

お顔の違いはこんな感じかも。窓の大きさなんか、天地はもちろん左右の幅も全然違っていて、103の方が位置も高いことが分かりますじゃ。運転士の顔(目線)の高さも103の方が高いですね。モデルでは、運転士人形の高さだけでなく、運転台視点の高さも変えてありますだ。さらに重要なのが床の厚さが違うこと。これにより、台枠の高さが 103系の方がわずかに高く、外観上は構体の裾の高さが違うことが図面からも読み取れますだ(屋根高さは同じ)。ほんのわずかの違いですが、103はお御足(台車)丸出しって感じで随分印象が変わってきます。DT33系台車は端梁がないので、さらに車輪丸出しって感じかも。そんなこんなで寸法だけは、極めて正確にやっつけてあります。こういう単純な形態だと、かえって実物に似ないってことがあるんですよねぇ。

103bogey.jpg

普通の103系とそのバリエーションはいろいろ開発中ですが、ここはこういうマニアックな絵を見せておこう。左がTR212、右がDT33ですだ。TR212はディスクブレーキ装備で外観上は非常にシンプルなので、これまた誤魔化しが効かないかも。

|

« 103 | トップページ | 103いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103983/54673453

この記事へのトラックバック一覧です: 101vs103:

« 103 | トップページ | 103いろいろ »